テスラ モデルS

早起きして青山までテスラ・モデルSを借りに行く。コクピットドリルを受けるが、最初からウナりっぱなし! だって今までのクルマと全く違いますから。クルマのカッコをしたキーを持ち、モデルSに近寄ると、ドアハンドルが「にゅ」と出てくる。乗り込みブレーキペダル踏めば、すぐ走り出せるのだった。

10212_002

ここもスイッチ類無し

ちなみにキーはトランクブブンを押せばトランク開き、ボンネット押すとボンネット開く。また、広報の土肥さんが硬いコンクリ路面にけっこうなイキオイで落としたが「アメ車なので大丈夫です!」だって。すげぇ! センターコンソールにはデッカイ液晶画面があり、ここにナビから車両の状況まで全て表示される。

10213_001

スイッチはウインカーなど運転操作系のみ

サスペンションの硬さに始まり、Dレンジ時のクリープの有無、アクセル戻した時の回生の強さまで選択可能。サンルーフやオーディオも液晶画面で操作するため、車内にいわゆる「スイッチ」の類いが無い。ナビはグーグルマップ。ここまでデガい画面だと広域の渋滞表示を判別出来るから便利だ。

10211_004

大きいです!

購入することもあるかもしれないので(?)とりあえず家の駐車場に止めてみたら、けっこうデガい! 車検証を見ると全長4970mm×全幅1960mm。車重2160kg。ベンツSクラスとほとんどイーブン。もちろん運転席+助手席だけでなくリアシートだって広い。Sクラスと同じように使えます。

10214

ナニにも似ていない

凄いのが航続距離。リーフの3,5倍に相当する85kWhという電池を搭載しているため、電費5km/kWhと低く見積もって航続距離420km! それじゃ、ということでとりあえず高速道路を走ってみた。リーフだと「そろそろ充電器を探しましょう」の100km走行時で電池残量は5分の4といった感じ。

10215

182km走り、あと239km走れます

休日のドライブなら充電せず余裕でこなす。絶対的な動力性能は「文句無し!」。最高速こそタイしたことないものの、0〜100km/h加速4,4秒! ポルシェ911のスポーツモデルに匹敵するほど。静かなので音楽を楽しみながらのクルージングは快適だ。新しい価値観の自動車だと感心しきり。

操作系の私による”怪しい”紹介動画です

ただ絶対的な乗り心地やアダプティブクルコン、自動ブレーキに代表される「現代の自動車が追求している分野」についちゃモデルSの開発陣は重視しなかった。道具としてのクルマじゃなく、楽しみのためのクルマを追求したのだろう。既存の「高級車」を期待する人には向かない。

走行中の私による怪説動画です

でも「今までの高額車は飽きた!」というお金持ちだって少なくない。だからこそアメリカで作りきれないほど売れている。乗り終わったらセレクトレバーをPレンジに入れ、クルマから離れるだけで自動的にドアノブが収納され電源が落ちる。最初から最後まで徹底的に「普通と違う」のだった。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ