ディズニーシー

一昨日のこと。WRC番組の栗田キャスターが「国沢さんはディズニーランドを楽しめる素直さなんか持ってないでしょ!」と言われたこともあり「そういえば」と久々にオリエンタルランドの株主優待券を見たら1月31日で切れるのを発見! 久々にディズニーシーへ行くことにした。2回目です。

この時期、受験や期末テストシーズンであり、同時に修学旅行も少ないため空いてます。LAのディズニーランドでしか入っていない『インディジョーンズ』に行こうとしたら、メインテナンスのためお休み中。そこで行き当たりばったりで入ることにした。驚いたのが日本人の変化。というか進化。

30年前にディズニーランド出来た時は、ジャングルクルーズのキャストがウケを狙おうとしても空回り。お客の反応全く無し。ディズニーシーも同じ。ゴンドラは秋だったのに寒々しかったことを思い出す。なのになのに! 今やお客さんが積極的に楽しもうとしてる。キャストも努力しているらしく、上手。

35年前に初めてLAのディズニーランドに行った時、お客の盛り上がりに驚いたものだけれど、今やそいつに匹敵する。『タートルトーク』という、キャストがハズしたら超寒いアトラクションすら私ですら大いに楽しめた。いつも海から見てるタワー・オブ・テラーってのも乗ってみましたね。面白かったす。

一番感心したのが閉店ギリギリで入ったヤマザキパンのブッフェ。ミニトマトを食べて驚く。まず食材からして良い! 他の食材もキッチリと吟味しているのだろう。ブッフェにありがちなハズレ無し。スープもローストブーフもエビフライも美味しい。一流ホテルと比べたって勝るとも劣らない味だ。

決定的に「タイしたもんです!」だったのは、19時30分終わりながら、19時28分にも無くなった食材あれば補充していること。普通、ブッフェの最後の時間帯なんか欠品揃い。ここは全てのメニューが最後までふんだんにある。これで2800円ならリーズナブルです。いろんな意味で勉強になった。

とは言え写真撮ってブログに載せたら文句言われるということだけがアカン。先週近所で行われていたハスラーの試乗会でも「ディズニーランドが絶対写らないようにしてください。トラブルになります!」。だから浦安沖で釣りしててもバックにディズニーシーが写らないよう気を遣ってる。夢ないよね。

ケネディ大使の「イルカは殺さないで欲しい」に反感を持つ人が多いようだけれど、彼らにとってイルカはイヌやネコと同じ。私だってイヌやネコを突き刺して殺して食べる知人を見たら「出来れば止めて欲しいです」と言いたくなる。国際社会と付き合う、というのはそういうことを理解することだと思う。

どうしても食べたかったら解らないように殺して食べてね。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ