デング熱

朝から体調悪い。症状としちゃ「アサリを食べた」。内臓がドッシリ重く、気持ち悪い。加えて熱っぽいのだった。それでも原稿書きしてたら、タイの石井さんから電話あって「気をつけてください」という。私らのサービスのタイ人が開催地で刺された蚊によるデング熱に掛かり入院したのである。

デング熱の潜伏期間は1週間程度とのこと。石井さんによれば「もし発熱などあれば、掛かった医療機関でデング熱の可能性を伝えてください。デング熱のウイルスに効く薬はないですけれど、対症療法が必要です。重篤な状況になることもありますで注意が必要です。他人には感染しません」。

この件、フェイスブックでタイに行った人達に知らせたところ、他の知人から「2年前に掛かり、7日間40度を超える高熱が続き、10日間意識朦朧状態でした」。幸い救急車が新宿区の戸山にある国立国際医療センターに運んでくれたという。ちなみに日本に無い病気ということで、海外旅行保険が使えるとのこと。

私は、と言えば、疲れてダルいのか、根性がダラしなくてダルいのか、デング熱でダルいのか、はたまたアサリのアレルギーなのか解らない状態。深夜になって激しくお腹を壊したので、どうやらアサリだったようだ。いくつかの前菜の中にアサリが入っていたのだと思う。気を付けてるんですけどね〜。

タイでBRZの人気がラリー終わった後も続いているという。石井さんは「たくさんの知り合いからBRZについて教えて欲しい」と聞かれたそうな。タイの場合、86だけ入ってきており、BRZの存在を皆さん知らなかったらしい。スバルの人気は高いので、BRZいいね! と皆さん言ってるのだとか。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ