トヨタもレーザーレーダー(30日)

今日は午前中にS660の発表会。午後がカローラアクシアの発表会ながら、どちらも都合付かず欠席。午前中は原稿書き終わらず。午後、自宅で取材対応でした。S660についちゃ試乗してるし、カローラアクシアの売りである新型自動ブレーキも取材済み。知りたかったの、価格だけ。

残念ながらトヨタの低コスト自動ブレーキは5万4000円で予想より高かった。しかも安いタイプの自動ブレーキ、歩行者に対応しておらず、アダプティブクルーズ機能無し。最悪なのはレーザーをレーザーレーダーと表記してる点。超ガッカリっす。この件、吉田さんに頭下げてお願いしたのに。

少しはクルマに詳しい松下センセも騙されちゃってる(現在は訂正済み)。『OHCツインカム』と書いてあったら、知識ないとツインカムだと思う。発表会まで出席しているのにレーダー使ってると認識しているのだった。確かにトヨタの安いタイプ、レーザー式ながら80km/hまで機能する(停止可能速度は30km/h)。

アホだウンコだツマらん意地だと言われようとも、レーザーをレーザーレーダーと表記してるクルマは違和感ある。トヨタは王道を進んで欲しかった。トシ取ると政治的な駆け引きやお金儲けに興味なし。もはや清々しい景色が好きになる。単純に「カッコ悪いすよ吉田さん」と思います。

どのくらい気持ち悪いかと言えば、入った寿司屋で「カジキマグロ」と書いてあるようなもの。粋な店主なら絶対そんなこと許さない。シロウト&何のコダワリも持ってないまま寿司握っているのと同じ。逆に考えれば、客が気にしてないんだからどうでもいいでしょ、ということです。

ワヤだがね。

IIHSのスモールオーバーラップも自動ブレーキも、あんなに早い時期から重要性を主張していたのに「客は気にしない」と全く聞く耳を持たず。突如、粋な通人になれるワケないですワな。ただ間もなく出て来るレーダー+単眼カメラの上級仕様は素晴らしい性能を持つ。そいつに期待したい。

沖縄の基地問題、アベさんはホンキで沖縄の住民感情を無視して強行するんだろうか? 何より腹立たしいのは、米軍基地の警備を米人でなく日本人にやらせていること。こらもう教科書に書いてあるような植民地政策である。いろんな意味で政府のゴリ押しは無理があると思う。

アベさんはマブヤーを持っていない。

S660は3000台ほどの初期受注があり、一方月産800台とのこと。すでに4ヶ月分のバックオーダーを得ているという。おそらく5000台前後の受注を受けるに違いない。問題はそこから。おそらく伸び悩む。個人的にはワイドボディ+100馬力エンジンのエリーゼみたいなモデルを望む。

そしたら私も欲しい。素晴らしいポテンシャルを持っているので、息の長いクルマになることだろう。加えてイギリスや大洋州などにも販売可能。市場の小さいスポーツカーって世界市場を考えないと続かない。日本で意外に初期受注少なかったロードスターも、世界規模ではロングヒットになると思う。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ