ドリフト失敗

京都の事故はスリップ痕の検証が始まり(やはり後輪の左右輪のスリップ痕があった)、ドリフト失敗で突っ込んだものだと判明。朝の通勤時間帯に一般道でドリフトをする、というのは明らかに異常。通りがかりの人を包丁で刺す輩と全く一緒だ。悪いのは人であり、包丁じゃないということを明確にしたい。

大半の自動車メディアはこの事件をスルーすると思うけれど、やはり普通のクルマ好きと全く違うということを明確にすべきだと考える。ただ今回の件でドリフトが悪者にされ、悪いイメージを持たれたことはキッチリ認識しなければならない。良いイメージを持ってもらうべく、自動車業界は努力しなくちゃ。

小売をしていないため皆さんあまり意識してないと思うけれど、東京エレクトロンという日本を象徴するような大企業が実質的に買収されてしまった。日本側の報道によれば対等合併となっているものの、新会社は米国アプライドマテリアル社が9500億円を出し、68%の株を持つ。米報道を見たら買収と報じてます。

すでにエルピーダメモリや、自動車用マイコンで大きなシェアを持っていたルネサスも実質的な破綻をしており、半導体業界に於ける日本のポジションは風前の灯になってしまった。このままだと次は電機業界か? スマートホンやPCなど見ても、日本勢は国内ですら厳しい状況になりつつある。ナビを見てると「大丈夫か?」。

韓国の与党議員が旭日旗を公共の場所で使用したら1年以内懲役か罰金を科すという法案を提出。この法案、可決し成立する可能性出てきたようだ。旭日旗はハーケンクロイツと違い、戦後も禁止されているワケじゃない。今でも自衛艦などに掲揚されている。朝日新聞の社旗だって同じ。

最近の韓国を見てると明らかにおかしい。自国の不満を日本にブツけてガス抜きをしようということなのだけれど、そんなことじゃ追いつかなくなるくらい状況は悪化していると思う。労働争議が続発し、現代自動車と起亜自動車の数字も悪化する一方。サムソン電子まで厳しくなってきている。

本日朝から原稿書き。夜は情報交換会。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ