ピンク

今日も暗いウチに起きて富士スピードウェイで行われている新型クラウンの取材会へ。自動車評論家としての国沢光宏は「良いクルマですね」と思うけれど、クルマ好きとしての私が少しばかり失望している。やはりTOPでも書いた通り、トヨタのフラッグシップなら衝突安全性も世界の最先端を目指して欲しい。

1232_001

タイロッドエンドはこんな格好をしてる

オートアラームだって軽自動車にも標準装備されているのだから「コストダウンのために廉価グレードは付けなかった」などという話は聞きたくなかった。クラウンというクルマ、死ぬまでに一度乗りたいと思っている。志の高いクラウンが出たら欲しいと思っている。新型も真剣に考えていたのですけど。次か?

オドロイタことにピンクは気に入った。きっと女性がカラーセレクトしたんだろう。実車を見ると正統派の良い色です。嫌いな人は買わなければ良い。そういえば神楽坂清三郎サンも色合いの良いピンクのジャケットを新調していた。ジジイになると身体的なピンク度がゼロになるので、精神的にはピンク上等になるのか?

1231_001

この位置から見ると案外カコ良い    

内閣は政府専用機をいつ飛ばすか悩んでいるようだけれど、2機持ってるんだから1週間くらいデイリーにすればいいでしょ。ちなみに行きはアルジェまでダイレクトで飛ばず、フランクフルトに寄って給油している。航空路の関係なんだと思う。所要17時間。それでも2機使えば毎日飛ばせます。

B787のトラブルの件、興味深いことが多数解った。燃えたバッテリーは、ほとんど電気の出入りがなかったようだ。この時点で「油圧からモーター駆動になったから起きたトラブル」と予想した人は全てハズレ。また、電池はトラブル起こすまで電圧も安定していたという。急速に電圧下がって発火したようだ。

つまり急激な電気流れた、ということ。電池は電力を引き出さない限り、安定している。何らかの原因で電池から電気が急速に流れるような状況になったということ。米国FAAはとっくに制御系を疑っている。日本もやっとGSユアサの問題じゃ無いと認識し始めた感じ。日本側の政府側専門家の知識が古い。


5 Responses to “ピンク”

  1. 飛島建設現場監督兄さん より:

    新型クラウンのメインテーマが「コストダウン」?
    ふざけるんじゃないと言いたい。
    言うまでもなくクラウンはトヨタの新技術・先進技術製品化のテストヘッドだったはずだ。
    それが赤外線使用のアラームの採用を縮小するは、スモールオーバーラップへの対処を怠るはで、まあアイドリングストップの採用はさておき、前二項目に関しては向こう一年以内に対処せねば伝統あるクラウンブランドの、ひいてはトヨタ自身の死命を制されることになるからには十二分の社会的責任と危機感を抱いて望んでもらいたい。

  2. COLT より:

    でしょ、カッコイイでしょ。
    国沢さんも僕も血中チバラギ濃度が濃いですね。
    多分トヨタにもチバラギが終わってから生まれた「チバラギを知らない子供たち」の発言権が強くなっているんでしょう。クラウンにピンク色を塗ってチバラギを感じないからこそ出来たこと・・・・・無知って素敵ですね。

  3. Rotarycoupe より:

    B787のバッテリー、すべてのセルが焼けていたので内部ショートの可能性は低そう、過充電の話もフライトレコーダーによれば電圧は高くなかったそうだからこれもなし。残るは師匠のおっしゃるとおり急激な放電です。ノートPCのバッテリーなら大電流放電の安全回路がバッテリーパックそのものに組み込まれていますが、バッテリーや充電器、それに全体システムを作ったメーカーがそれぞればらばらなものだから、どこかに想定外の穴があったのでしょう。そういえばF22が最初に沖縄へ飛来しようとした時に日付変更線を超えられない(ナビゲーションエラーが出た)個体がありましたね。あくまでも報道を信じればの話ですが、こんなんで戦争できるのかと思いました。ロッキードがそうならボーイングにバグがあっても不思議じゃないです。

  4. applefanjp より:

    このクラウンは残念ながらデフレの申し子。
    ああ、惜しむらくは、少し円高が是正されつつある
    今!開発途中だったら・・・。
    マイチェンまで円高是正が続いていれば
    装備は少し良くなるのかもしれません。
    ドイツはユーロ安で相当な利益をあげたはずなのに
    この円高の是正をお隣の国と
    日本バッシングの大合唱。
    そこまで落ちたかドイツよ!って、好きなドイツ車も
    残念ながら・・・。

  5. Min より:

    ピンクのクラウン、めちゃカッコいいです!
    大胆なフロントグリルといい、今度のデザイナーさんはただ形を整えるだけでなく売れる企画を考えられる方なんですね。
    どんなに美しい形でもプロだけにしかウケない様では失敗作ですもの。
    今、世の中はピンクの製品で埋まってます(ダイソーに行くとよく分る)
    ほんとはピンクのN-ONEとかが先に出なきゃダメですよね!(桜色はあるけど)
    CMイメージ:どピンクのクラウンにアニマル柄のスパッツとゴージャスな毛皮で自らハンドルを握ってお買い物に出る若奥様(真木よう子さんあたりいかがでしょうか)…間違いなく魅とれてしまうなぁ…笑

このページの先頭へ