フォレスター

今日も早起きして河口湖で行われている新型フォレスターの試乗会へ。ハンドル握ったらターボはゴツゴツマシンでございました。ターボ無しなら乗り心地良い。また、クロカン4WDのような着座高になり、ハンドリングも乗用車というよりクロカンに近い。乗用車のようなSUVだったフォレスターのキャラ、変わりました。

竹平兄もベストカーで試乗に来ていたが、ターボ車の乗り心地についちゃ私より厳しい評価だった。XVにも言えることながら、このところスバル車、バラつき大。上質な乗り心地のインプレッサに合わせてくれればいいのに。まぁXVの試乗インプレッションを見ても「乗り心地悪い」と書いてるの、私くらいですね。

詳しくはオートックワンとオールアバウトで紹介するけれど、スバルって今までの流れを変えようとしているように思う。生き残りのためには仕方ないのかもしれません。私の次期モデルはフォレスターのディーゼル&アイサイトを考えていたけれど、少し好みと違う感じ。ディーゼルもしばらくでないそうな。

驚くほどリーズナブルになる、とウワサされているアウトランダーPHVというチョイスも面白い。ゴルフ7の仕上がりだって凄いらしい。そしてプリウスだって「普通のモデルチェンジじゃユーザーが納得しないと思います」という意気込みで開発を進めているそうな。来年あたりから少し面白くなるかもしれません。

シティバンク銀行の対応、どうしても納得できないので、いろんな方法で頑張ることにした。「アンタのような立場の人が泣き寝入りしちゃアカンぞ」という声も多数頂く。確かにTPPもあるかもしれない将来を考えると、こういったハゲタカに襲われた時の対応策を考えなくちゃならない。ダメモトで探ります。

「欲しがりません勝つまでは」ぢゃないけど、反省と自戒と復讐を誓い、車上荒らしに遭ってから緊縮財政を組んだ。幸いラリーは皆さんからのスポンサーで何とかなります。盗られた現金70万円+近々シティバンク銀行に持っていかれる120万円を何とか浮かすべく頑張り中でございます。

1116_002

朝ごはん

大根の葉っぱとアラケンのお母さんから1ヶ月前に貰ったミョウガ、そして昨日の鍋の残りです。コレで辛いということは全くなし! 大根の葉っぱ、美味しい。板前さんが漬けてくれたミョウガも抜群で、3つあればゴハン一杯食べられる。そのうち上手いもん喰ったとフェイスブックで自慢してやる。

ちなみに弁護士会の相談窓口は「掛ける費用分の回収は難しいので止めたほうがいい」。意外なことに役所関係の方が好印象。中でも今まで評価していなかった『国民生活センター』は様々な実用的アドバイスをしてくれる。大いに見直しました。困ってみると、今まで見えなかったブブンが解ってくる。


7 Responses to “フォレスター”

  1. アミーゴ5号 より:

    スバルの命は「技術者の良心」。ゴンゴンの二の舞だけは、断じて勘弁して欲しい!
    もっとも「技術者の良心」に気づかないし評価もしない私たち消費者が一番悪い訳ですが・・・

  2. szk より:

    頑張ってください!応援しています。鰻屋さんにもまた行かせてもらいます。

  3. ti より:

    遅ればせながら、本日メインのクレジットカードのキャッシング枠を0にしました。
    0にしただけだとまた利用実績に応じて勝手に枠が復活するらしいのでそれもしないようにしました。
    NICOSですが掛けた時間帯が良かったのか電話もすぐに繋がり5分で手続き完了です。
    重要な情報を身をもって発信していただき感謝しております。

  4. applefanjp  より:

    以前、NHKでアメリカの
    スバリストの皆さんを紹介していました。
    スバルに対して、そのようなプレミアム感をもって
    愛してくれているユーザーがいる。
    日本も同じです。
    アウトランダーPHV、自分も面白いなあって
    思っています。5人家族+母がいるので
    これが7人だったら、もうグラグラしちゃうところでしたが!

  5. ZOOMMAX より:

    国沢さんのご教授通り、私もキャッシング枠を0(勝手に上げるのナシ)にしました。大変な目に遭われたと思いますが、公にレポートして頂きありがとうございます。
    近日フォレスターに乗ってきたいと思います。自分はセダン派ですが(といっても今はスカイデミオ)CX-5は初めて欲しいと思ったSUV。カッコよく、車高が高いのに足回りのセッティングが絶妙で珍しく妻も絶賛した車。フォレスターはどうか?
    インプレッサ2LはBP、BLレガシィをさらに乗り心地良くしたような車でミッション以外は非常に魅力的だったが、「すごいの出ました」と言われて乗ったレガシィDITは全く響いてこなかった。もちろん安定性は素晴らしいが、正直速くてちょっと燃費良いだけ。今でもRSKの方が欲しい。
    他社へ乗り換えの際、営業から「SUBARUから離れていくんですね」と言われたが離れていったのはSUBARUの方。同じ思いの方は多いようです。アイサイトの優位性も他社の画像認識+ミリ派レーダーで揺らぎそうだが、これからはどこへ向かうのだろうか。アメリカで売れてるし、儲かってるからこのままかな。
    また「いつまでも乗っていたい」車を出してくれ!!

  6. nogawa より:

    スバルのバラツキ…まず、開発部門のマネジメント能力がお粗末です。それに会社の規模も小さいので、優秀な技術者の絶対数は少ないです。しかし、優秀な技術者が5,6人集まって仲良しクラブを形成すると非常に強力になる。アイサイトや縦置きCVTなど他社を凌駕する技術が出てくる。一方、凡才が徒党を組み、切れ者の斬新なアイデアを潰しに掛かるという構図も生まれ易い風土にある。他社の後塵を拝し続けている分野の担当者は、そんな感じです。…XVのアイサイトのチューニングも少し変?…ていう話も聞きます。規模拡大で凡才グループが出来ちゃったかな?

  7. さね より:

    こんばんは。うーんカッコ悪いけど世界5大陸10万キロ走破と聞いて期待してたけど…そんなに見た目ゴツくて乗り心地ゴツゴツとは… 10万キロ走破のドライバーやスタッフ辛いだろうなぁ。 にしてもフォレスターは凄いネットでも良い悪いは別にして盛り上がってるのに、新型アウトランダーSーAWCもあるし、スタイル抜群なのに忘れ去られてるとは…。PHEVまでは相手にもされないとは。残念(=_=) 二車とも売れせんはCVTですが、ウルトラCVT否定野郎の自分ですが、一応SUVなのでジェットスキーぐらい牽引OKかぐらいは解説あると嬉しいですついででいいので試乗記に。結構そこ気にしてる人多いです、MTが絶滅寸前ですしねぇ…。

このページの先頭へ