ブリザックVRX

地球温暖化(ぷっ!)のため3月としちゃ珍しい大寒波が入ってきたので、昨晩越後湯沢に移動してブリザックVRXのテストを行う。関越トンネル出たら見事な雪道! 圧雪かと思いきや、融雪剤撒き水になったトコロに積もった雪が気温の低さで凍ったらしくツルツルのアイスバーンです。

横滑り装置の無い時代のホンダの4WDは、こういった路面でアクセル戻すと前輪にだけエンブレ掛かってスピンモードに入ってしまった。FFだとユックリ走るが、4WDは自信過剰になっちゃうのだ。ホンダの4WDも横滑り防止装置付く時代になったし、スタッドレスタイヤの性能だって向上した。

3073_002

装備さえ揃えれば雪道は楽しい!

湯沢周辺はスタッドレスタイヤの評価天国になっており、撒いた水が凍った黒く見えるツルツルのミラーバーンもあれば、白いアイスバーンもある。そして様々な雪質の圧雪などなど。ブリザックVRXの雪道総合性能は「上等!」であります。このタイヤならフロアに届くような新雪に出くわさない限り、FFだって雪道を走れる。

3071_003

さすが雪国のメーカーだけありバンパーけっこう強い!

当初、ETCはナンバーと車載情報の合致を条件としていた。合致しないと開かなかったワケです。結果、バーへの激突が頻発したのである。上の写真を見ると、ETCのシステムを考えたヤツがいかに世間知らずか解ります。ちなみに後のナンバーもハネ上がった雪で見えない。

3072_002

地球温暖化のため3月の湯沢でも粉雪!

スタッドレスタイヤのテスト終わったので、仕方なくスキーに行く。北海道や長野県のスキー場って外国人で大賑わいのようだけれど新潟県のスキー場は日本人”も”少ない。写真は『ナスパ』の11時頃。気持ち良いフラットなバーンで好き放題滑れます。ナスパはスノボ禁止なので、子供連れにもピッタリ。

ちなみに午前/午後の半日券は、1300円のお昼御飯と、300円のドリンク付いて3500円。で、ガラガラ。久々滑ったら、やっぱし体幹トレーニングにゃ最高かと。単に上から滑り降りているだけかと思いきや、クワッド15本滑ったら相当キテる感じ。オマケにコケたら、身体中のスジが伸びた。ぐぇ!

3074_001

水分のある重い雪ならツルツル弾く!

驚いたのがポリッシュファクトリーの撥水ガラスコート! ボディを撥水加工しているため、ある程度積もると雪も落ちてしまう。そういや喜多見さんも「リーフのラリー車だけ雪が積もらなかった。何ですかあの塗装は?」と言ってましたね、ちなみにV40は雪国のクルマだけあり、快適至極。

ということでブリザックVRXだった。これまでブリザックはアイスバーン性能を重視するゴム構造を採用してきたため、舗装路の燃費と騒音(アクセルのオンオフで音質が変わるほど大きかった)が厳しかった。VRXはその二つを大幅に改良。もはや燃費はエコタイヤ並。それでいてアイスバーンもOK。いいです。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ