ベルギーへ

日本であまり報じられていないけれど、台湾は烈火の如く怒っている! 台湾のTV報道も日をエスカレートし始めており、簡単に収まりそうにない。台湾とフィリピンの確定していない排他的経済水域(EEZ)で、フィリピンの沿岸警備艇が台湾漁船を銃撃し、死者を出してしまったのだった。

多くの隣国関係と同じく台湾とフィリピンは境界線争いをしていたものの、これまで決定的なトラブルなど無かった。だからこそ台湾には数多くのフィリピン人ワーカーが居る。今回のトラブルで台湾側は渡航自粛を呼びかけ、経済制裁も辞さない構え。フィリピン側は中国と台湾がグルになっていると考えているようだ。

フィリピンと中国は領土問題を抱えており、いつドンパチが始まってもおかしくない状況。そういった点からすれば、日本と中国と台湾の関係に似ている。日本も尖閣にやってきた台湾漁船の裏に中国があると認識してましたから。ただ日本と台湾の関係は良好。話し合うことにより、むしろ中国をケ飛ばした。

この件、出来れば台湾ともフィリピンとも有効な関係を持っている日本が仲裁してやったらいい。そして3つの国で中国について話し合うなどいかがだろう。ということを我が国の政府は考えるだろうか? こういった時に外交で得を積まなくちゃならん! 二国間のトラブルは当事者じゃ解決しにくいモンです。

成田からベルギーへ向かう。かつてはECの中心ということでブラッセルまで直行便も出ていたが、サベナベルギー航空の破綻と同時に消滅。パリやアムステルダムからタリスというTGVで行くか、フィンエアなどを使いヘルシンキなど経由するしかない。今回はパリからタリスに乗り継ぐ。

成田空港の駐機場にJALのB787が3機並んでいた。試験飛行でANAの1機の配電盤が焦げるというトラブルを出した。ANAは整備ミス(ボルトの締め付けが弱かったそうな)だとコメントしている。こんな重要な改修でボルトの締め忘れをしたとすれば、その方が大きな問題である。いろんな意味で心配です。

週末はニュル24時間レースに、ザルツブルグでWTCC。ヨーロッパのモータースポーツシーズンが始まった! 2年後はホンダもF1に帰ってくる。どこかWRCにカムバックしてくれたら申し分ないんだけどなぁ〜。


2 Responses to “ベルギーへ”

  1. Min より:

    日本の仲裁案、大賛成!
    こうしたトラブルこそ次への最大のチャンス。
    皆で中国を包囲するまたとない好機ですね。
    最近は北朝鮮メインでマスコミがきな臭い報道をし過ぎているのが気がかりです。
    憲法改正の気運作り。
    決して護憲派でもなく、現憲法は修正が必要とは思うけど…
    自民の憲法案、最悪…..国民を国の奴隷にするつもりか。
    こんなこと考えてるヒト達にいじらせたくない。
    96条が変えられたら政府の好き勝手がまかり通る!
    危険過ぎ。

  2. applefanjp より:

    かつて
    安倍晋太郎さんが中東で手腕を発揮し
    日本の存在感を高めたように
    息子さんもしたたかに
    スマートに
    うまいこと振る舞ってくれると良いなあって
    思いながら、師匠の記事を拝読しました。
    行ってらっしゃいませ!

このページの先頭へ