三崎港でマグロ丼(6月21日)

意外かもしれないけれど、議会やクローズされた集団の時に発せられるヤジというのはパーソナリティがある。私らのギョウカイだと先日お亡くなりになった川上完さん。COTY開票の時のヤジは全員が楽しみにしていた。妙にマトを得ており文化です。味のあるヤジを発す議員も多いと聞く。

ヤジにも責任があるのだ。塩村議員に対してのヤジも名乗り出て謝罪などすればここまで大きな騒ぎにならなかったと思う。ヤジって逃げてる議員は、匿名でネットを荒らし回る黄昏野郎共と同じ。トイレの個室に入ってる時に水を掛けて逃げるヤツは弱虫の卑怯者である。

久々に所要あって海路で佐島マリーナまで。この時期、東京湾口から相模湾に掛けて霧が出る。出たらレーダー無しのフネだとアウト。一度、パナマックス級(全長294m)のコンテナ船に踏みつぶされそうになった。加えて南下するにゃ厳しい南風が吹いてる。1人だし。修行だぁね。

果たして荒川河口出たらシャバシャバ。絶えず船首が波に叩かれる。されどポーナム26Lというフネはこのサイズから考えれば最も耐波性能高い部類。ニンゲンさえヘコたれなければ案外イケる‥‥のだけれど、観音崎過ぎたあたりから一段と尖った向かい波になりヘコたれて三崎港。

ここまでドガンドガンの2時間。三崎で休もうかと思ったけど、そのまま佐島マリーナ着。到着後も南風は強まって行く。2時間後、本格的に荒れないウチ、帰路へ。ちょうどお昼だったので三崎港に寄り、マグロ丼。あまり期待してなかったけど、相当イケましたね。美味しい。

三崎港を出たら一段と南風が強くなっており、データ見たら10m以上吹いてる。白波立っている海の上は厳しいけれど「帰り道」って不思議な安堵感ある。この安堵感を求めちゃうのかもしれません。ラリーも無事に終わった時が一番楽しい。皆さんいかがですか?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ