中村史郎さんに甘噛み(6月9日)

10時30分から横浜の日産本社ショールームでe-NV200の発表会。中村史郎さんをお見かけしたのでこれといった特徴の無い地味なe-NV200のデザインについてアマガミしてみました(他のヒトから中村史郎さんにあんなこと言うのはあんたくらいだ、と言われた)。

すると「新型ムラーノはどうですか?」と切り替えされる。実はQ30以降のデザインについちゃ「いいね!」なのだった。スカイラインもヘッドライトとグリルの位置関係がも少し良ければ「いいね!」。今後のQシリーズは大いに期待してくださいとのこと。やっぱしクルマってカッコよくなくちゃ。

6091

上は新型ムラーノです。なかなか思い切ったデザインかと。今日から液晶のルームミラー(スマートミラー)が付いたエルグランドを試す。無意識にルームミラーの位置合わせをすると、あらら? 普通の画像みたい。いや、普通の画像と液晶の画像がダブッて見える。てんでダメぢゃないの!

意外なことに従来通りのミラー機能も付いてるのだった。されど冷静になって考えてみたら、本来液晶の映像であれば固定されている後方カメラのもの。なんでミラー調整しなくちゃらなんの? そこでアタマを切り替え、単なるモニターとして割り切り、対応してみた。

するとどうよ! いろんな意味で発見がある。これ、面白いかもしれません。数日間試してオールアバウトで紹介したい。そうそう。エルグランドはマイナーチェンジでもアイドリングストップ対応出来なかったようだ。信号待ちでエンジン掛かってるクルマは時代遅れに感じちゃいますワな。

夜、ラリーの件で喜多見さんに電話したら「アウトランダーPHEVのピロボールの反響がスゴイです!」。毎週末はアウトランダーPHEV祭りになっているそうな。ノーマルの乗り心地に不満を持つヒトが多い車種ほど「違いの解るユーザー」に支持されている。レベル高いお客さんが多いワケ。

アウトランダーPHEVのピロ

喜多見さんの夢は「世界一の足を作ること」ながら、資金も必要。資金を稼ごうとすれば忙しくなって夢の伸展が遅くなる。そんな中、今年なんとか第1歩を踏み出そうとしているのだった。「ソコソコのテクニックでも相当イケる!」という足です。”伸び代”の少ないジジイは超楽しみにしてる。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ