今日はB747

6時20分に家を出て成田空港へ。めちゃくちゃ寒い! 外気温マイナス1度だって。当然の如く流れよく、8時少し前に到着。明日の朝ムスメがベルギーから帰ってくるため、ターミナル2の駐車場に駐める。私の乗る飛行機はルフトハンザなので、ターミナル1に移動。チェックインして原稿書き。

3110

A380はシート交換中らしい

ルフトはA380かと思いきや、B747であります。このところB747ばかり乗れて嬉しい。ハワイもB747でしたから。妙な揺れ方をするA380と違い、B747は気流の悪い空域も素直。いつものことながら、日本からの便はワイン飲んで食事して映画1本見て昼寝。日本人アテンダントのサービスレベルが低い。

たまにゃ恋愛モノでも見ようかってんで『ノッティングヒルの恋人』を見ました。このくらいありえないと楽しい。そういや恋だのヘチマだのナスだのなんてすっかり忘れてましたね。5時間経過したあたりから原稿書きに入る。今日は長いのが1本と「社長に訊く」の煮詰め。5回くらい読み直して添削を繰り返します。時間掛かるのだ。

3時間くらい没頭するとアタマが動かなくなるので、映画をもう一本。お次はウルヴァリンの最新作。何と舞台は日本。登場してくる日本人女性のルックスが超新鮮だ。日本の映画なら絶対に出てこないタイプ。対して西洋人女性のルックスは正統派。西洋人の好みって日本人と全く違うのだった。大いに許せる。

3111_001

バルト海。このあたりでムスメの飛行機とスレ違ってる?

そうこうしているウチ、到着前の食事の時間。食べ終わったら残り飛行時間1時間になってる。ちょうどバルト海を飛び越え、大陸に入ったあたり。さすがドイツで、風力発電の風車たっくさん! ベルリン上空を通過し、到着30分前あたりから徐々に高度を下げ始め、本日のフライトタイムは11時間24分であります。

3112_001

B747-8。主翼の先っちょがB787風

フランクフルトは気温18度! ここからベルリン行きのエアバスA319に乗り換え。ボーディングゲートを見たら、あらら? B747-8ぢゃないですか! 旅客機仕様、初めて見た。エンジン後部の形状と主翼端がB787と同じコンセプトになっている。一度乗ってみたいモンだ。

17時過ぎにベルリン到着。夜はVWの環境技術についての取材会に。少し眠いが、興味深い。詳しくはTOPで。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ