取材です

泊まっているホテルのネット環境が極めて悪く、ショー会場から帰ってきてアップしようとしたもののダメ! この日記を読めるの、つながった瞬間に何とかアップ出来たと思ってください。誤字脱字の訂正すらままならぬ。したがって写真なんて夢のまた夢。違うネット環境に移動した時になります。

ということで朝からフランクフルトショーへ。例によって各ブースのプレスコンファレンスが終わるまで新型車はアンベールされていない。加えてプレスコンファレンス直後は発表されたクルマに殺到するため、行っても見られないし。ということでいつもの如く午前中は部品など見る。

9113_001

こんなんがいた

意外なことに三菱重工がブースを出していた。立ち寄って見たらターボやバルブなどを展示してある。考えてみたら欧州って小排気量ターボやディーゼルターボが急増。今や三菱重工製のターボは絶好調だということを聞いてましたね。日本から出張してきた広報の女性が熱心かつ面白い。

何でも三菱重工は700以上の分野を持っていて、一つ一つの営業が十分に出来ないそうな。パンフレット見たら、確かにドレを取ってもスンゴイ! 取り扱い製品の最初にあるのが『ダイヤモンドプリンセス』(豪華客船)。さらに観測船『ちきゅう』や、自衛隊のイージス艦に『そうりゅう』型潜水艦。

そして『F-2』(戦闘機)にH2ロケット、宇宙ステーション、10式戦車、見たことも無いほど巨大なディーゼル発電機、ガスタービン発電機等々。自動車部品なんかホンのわずかだという。弱点はコスト。田嶋さんのパイクスピーク用車両に搭載されたリチウム電池も性能的には相当なレベルながら、ライバルと勝負出来ないほど高い?

続いて「ちょうど航空機部門の技術者が居ますので紹介します」。話を聞いてみたら戦闘機の翼の技術者で、2年間海外で勉強してくるように言われたのだという。戦闘機の翼をやっている人といえば、まぁ日本でTOPクラスの頭脳の持ち主かと。『風立ちぬ』で有名になった堀越二郎さんの後輩です。

9114_001

MRJ

自動車のことで聞きたいことがあるというので、私も飛行機の技術のことを教えてもらう。いやいや楽しかった! そのイキオイで曙ブレーキに行くと、美しいブレーキがたくさん並んでいる。若い技術者が居たので「飛行機のブレーキは?」などと聞いてみたら「凄く興味あります!」。F1と航空機のブレーキを作れたら世界の一流だ。

イマイチ元気の無いスズキのブースの裏側にスーパー7が置いてある。もしや? と思って見に行くと、ウワサの軽自動車規格車であります。小さいエジンンをフロントミドシップし、ナロータイヤと組み合わせている。こら面白そうだ。260万円くらいになると言われているけれど、少なくない台数が売れると思う。

9115

およそ400円

晩ご飯は軽く、ということで近所の中華。すると日本人だと解った途端、態度が悪い。ここで急に「もしや!」。何か汚いモノでも入れられたってワカラ
ンです。そう思ったら急に食欲無くなった。しばらく海外じゃ中華料理食べないようにしたい。ナイトキャップは2,99ユーロのワイン。予想以上に普通でし
た。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ