天皇海山群ルート通らず(7&8日)

目覚めて海を見たらベタ凪。これが昨日だったら良かったのに! プロテアカフェで朝飯を食べるべくエッグスンシングスの前を通ると、今朝も待っている人は少ない。もはやハワイのパンケーキブーム、終わりかも。同じくタイして美味しくない割に高いアサイーボウルもオシマイの雰囲気。皆さん「自分で作ったアサイーボウルの方が安くて美味しい」と思っているようだ。11ドルは高い。

2071

10時にホテルを出て空港へ。ラウンジで原稿書きしてる間に搭乗開始の時間。轟音響くため外を見たら、おお! F-22が次々と離陸している。その数8機。米空軍、高価な戦闘機をなぜかハワイに置いている。世界一速い巡航速度を活かし、ここをベースにしてどこにでも飛んでいく、ということなのか? F-22、すでに生産を終了している。日本の次期主力戦闘機はナニに。

2072

機内は原稿書き+映画を2本。英語だけのバージョンを飛ばし飛ばしみただけだった『プレーンズ』と『ベイマックス』。どちらもディズニーの子供向けのアニメであります。なのにジジイのツボにはまってしまい、プレーンズは感動しっぱなし。ナメていたベイマックスも予想をはるかに超える仕上がりにノックアウトされてしまう。プレーンズの面白さ、コドモにゃ解るまい。

2073

パールハーバーものの映画を見た人は馴染みの風景

前回見た時はレシプロエンジンの音や飛行機のリアルな飛び方にヤラれたが、ストーリーまで素晴らしかった。まぁ荒唐無稽ではありますけどね。コルセアF4Uの役どころ、イイ。カーズのハドソンホーネットと似ていて、若干違う。ベイマックスはアメリカ版のドラエモン。エンジアニリングがリアルなので、ジジイだって納得させられる。コドモに見せたい映画です。

搭乗機は強いジェット気流と格闘中。普通、ミッドウェイ島などハワイ・天皇海山群に沿って日本を目指すのだけれど、そのルートは長い時間強い向かい風の中を飛ばないとアカンのだろう。いつもより1千kmくらい南のルートを飛ぶ。向かい風は100~150km/h。そして小笠原の北東海域で右ターンして成田に向かう。飛行高度12240m。大圏ルートより500km以上遠いかと。

2074

ハワイ諸島から左ナナメ上に伸びているのが海山群

飛行距離6931m。フライトタイム9時間15分。行きは5時間25分だったため、4時間も違う! アメリカ本土や東南アジアなど、ジェット気流遅い高緯度や低緯度を飛べるが、日本とハワイのように中緯度のフライトは厳しい。到着時間は40分遅れ。快適な環境から我が国に帰ってきたら地球温暖化(ぷっ!)の影響もモロに受け寒いす! 早く春になって欲しい。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ