子供に銃

早起きして原稿書き。ムスメが子供を連れて日本に遊びに来るというので、必要なモノ買うため夕方から三郷のコストコ&ららぽーとへ。ショッパい西武鉄道が大規模な開発を行わないため(西武新宿線の踏切の数といったら腹立たしいほど多い)、練馬には大きなショッピングモールが無いのだった。

横須賀基地で子供に銃を持たせたことが大騒ぎになっている。子供には保護者もいたハズだ。つまり保護者判断だったワケ。なぜそいつにメディアが口を突っ込んでくるのか解らない。子供って銃に興味を持つのは当たり前。親からすれば銃の危険性を説く良い教育の機会だと思う。

ウチのムスコも「どらえもん」の、のび太(銃の名手という設定)から影響を受けて銃に興味を持った。親父のエアガンも影響を与えたと思う。高校生の時には海外でM16を撃ってます。でも戦争を嫌う。というか、M16で撃たれることに対する強い恐怖心を持ったようだ。あんなモン撃ち合うの、正気じゃない。

危険なモノから子供を引き離せばいいってモンじゃない。包丁だって「危ない」と言わず持たせるべきだ。横須賀の報道を見ていて、バイクの3ナイ運動を思い出した。止めろと言っても乗る奴はいる。そして正しい乗り方を教えて貰わなければ事故を起こす。相変わらずアホな大人が多い。

ここにきてブログのコメント欄にインチキな業者の投稿が急増している。ブロックするのに苦労する状態。そろそろ制限無しで書き込める時代じゃなくなったのかもしれません。いろんな人からのアドバイスも受け、今月一杯にさせてもらおうと思っています。9月以降はどうしようか思案中であります。

と言っても本当に困っている人の相談に乗るのは、私らの仕事の社会的な義務だと考えている。だからこそ存在出来てます。この一ヶ月間、大いに悩んでいるのだった。週末までに結論を出そうと思う。ということで日記やTOPへのコメントを受けるのは31日までにさせて頂きます。ご了承ください。


10 Responses to “子供に銃”

  1. より:

    ネット上は様々な事が有りますから、ご苦労が多かったと思います。
    今まで、私の様な拙い書き込み等にも目を通して頂いて、ありがとうございました。

  2. アミーゴ5号 より:

    ヤッカミや本音、思い込みや嫌い・気にくわない、ひょっとすると原発推進派の圧力とかまで、混沌とした醜聞コメントが押し寄せており、もはやいろいろな意見を交わすという領域を遥かに超えているのでしょう。
    騒がないので目立ちませんが、国沢さんの応援者は大勢いると思います。
    自分もラリーの入賞お祝いウナギを食べにいけない代わりに、久々にベストカーとカートップを一緒に買いました。応援にはささやかすぎて恐縮ですが・・・。

  3. 表面的なキレイ事を求める人たち より:

    いつも拝読させて頂いております。
    日本と海外を往復する様な業務に関わっておりますが、厳しい現実や危険な事から目をそむけて、本音の議論や本質論から逃げようとする日本のマスコミやそれに流される人達に、帰国する度に非常に違和感を感じます。海外で大きく報道されていても、国内で全く報道されていない事は本当に沢山有ります。
    首をすくめて見ない振り、存在しない振りをしても現実はそこに存在しており、逃げ回ってそれを考えたことも備えたことも無いので、顕在化すると只ひたすらパニックになってしまう。考えないことを習慣にさせられている人々に本当に危機感を感じます。
    知るからこそ、理解するからこそ、前進があると考えるのは時代遅れなのでしょうか。

  4. 将(すすむ) より:

    ひどい話ですね。
    色々とご相談やご提案がある場合は、メールになるのでしょうか?それもまた問題か・・・
    とりあえず毎日読む日課はやめませんので!!

  5. 細川 より:

    グアムへ家族旅行した際に銃を撃ちました。
    向うへ行くと看板出てますよね。
    「実弾射撃」
    小学生の息子を連れて行きました。
    もちろん興味本位で。
    お店ではメニューが色々有り、
    選んだのは数種類の銃を数発づつ打てる15000円ほどのセット。
    もちろん私が撃って息子には見学させるつもりでした。
    しかし店員は売上げを伸ばしたいのか小学生の息子にも撃てと言う。
    私は射撃の経験は無いのですが、想像から小学生にはあの反動はとても無理だと断ったのですが、店員は「大丈夫!」だと言う。
    子供も、自分も撃てると聞いたもんだからもちろん撃ちたがる。
    まあ何でも経験だと思い、結局親子で撃つことにしました。
    銃の種類はM16から44マグナムまで色々撃ちました。
    子供は店員が横には付くものの補助無しで44マグナム以外は自分で撃ってました。
    しかも弾丸は全てファクトリー弾。
    いや〜!凄かったです。何もかもが衝撃的でした。
    凄すぎて最後の方は早く終わりたかったほどです。
    全部撃ち終わって親子で感想を言い合いました。
    息子は体力的なこともあってかなり恐怖を感じた様でした。
    さらに私から「こんなので人同士が撃ったり撃たれたりするんだよ。どう思う?」と聞かれた時は殺し合いの恐怖を現実的に感じたみたいで、
    もう銃は撃ちたくない言いました。
    これは私も同意見です。
    こんなので撃たれて手や足が千切れて
    「お母さーん!!」と叫びながら死んでゆくなど、想像するだけでも恐ろしいです。
    私にも子供にも戦争の恐怖のごく一部を身近に感じた貴重な経験となりました。

  6. ステッカーチューン より:

    ありがとうございました。これからも楽しみにしております。

  7. jirokko より:

    ご無沙汰しております。
    鰻屋さんではクルーザーのお話をありがとうございました。あれから、クルマを増車してしまい、クルーザーはチャレンジしていません。
    楽しく拝見させていただいておりましたが、大変な事も多いかと思われます。
    お店がお休みになると、何かあった際の連絡先もアクセスはネット上になりそうですね。
    また、ラリーの際には出資させていただきますので、宜しくお願い申し上げます。

  8. 阪神ファン より:

    ほぼ毎日楽しみにしていたので残念ですが、
    やむを得ないですね。
    これからも拝見させていただきます。

  9. applefanjp より:

    おじいちゃん!楽しみですねぇ!
    (失礼!ごめんちゃい)
    お嬢さんもお母さん。
    奥様と共に
    きっと心底楽しみにされていることでしょう。
    ご無事の帰国を!

  10. Tomi@群馬 より:

    師匠、お疲れ様です。
    とりあえずコメント書き込み停止で、
    心と体を休めてください。

このページの先頭へ