小惑星大接近!

[E:wobbly]朝6時に電話あって「今日は予定通り試乗会を行います」。おお! あれほど騒いでいたのに雪降らなかったのね! カーテン開けてみたら、ミゾレっぽいけど雪じゃない。をいをい! JRなんか70%の間引き運転をするという。通勤通学する人の数は同じ。当然の如く大混乱でしょう! と思いながら私はクルマ。

道路ガラガラ。首都高もガ〜ラガラ! 40分も早着しちゃいましたがね。しかし! 電車組はベタ遅れ! 大混雑しているだけじゃなく、電車が来ないのだという。70%の間引きじゃなく通常運行にして「遅れちゃったら仕方ない」といういつもの状態で良かったろうに。混雑すると人の乗り降りに時間掛かるので遅れます。 

それにしても気象庁のウソヨ、いやヨソウは当たらんね! これで雪の予想についちゃ4タコ! ゲタ投げなら半分当たる。単にハズレるだけならいいけど、昨晩六本木を通ったら人通り極めて少ない。早く帰っちゃったのだろう。飲食店にとっちゃいい迷惑だ。気象庁、何タコをキメてくれるだろう?

[E:happy02]中国艦からロックオン喰らった自衛艦は尖閣から100km北の公海に居たという。自衛艦から牽制に行ったと読む。で、お互い譲らず3kmまで接近したのだろう。自衛艦から間合い詰めに行き「オラオラ!」プレッシャー仕掛け、辛抱タマラズ中国艦はお漏らししちゃった、というのなら少し溜飲下がる。逆だと情けねぇ。

海上自衛隊ヘリも中国艦から3kmの距離でロックオンされたとか。これまた中国艦まで3kmの距離に近づいて「オラオラ!」したってことだと思う。公海上だし。中国が「小日本に挑発された!」と騒がないのは不思議。どう考えても「ロックオンされて怯える可哀想なヘリコプター搭乗員達」という雰囲気じゃない。

[E:coldsweats02]知らん間に恐ろしいことが! 45mの小惑星が2月16日未明、地球の直近を通過するという。最接近地点は「ひまわり」などの静止衛星より地球に近いそうな。しかも発見されたの、昨年2月! それまで接近していたことにも気づいていなかった。逆に考えれば「1年後に45mの小惑星が地球に衝突する」ことだってあるワケ。

45mの小惑星が地球に衝突したらどうなるか? 直径1,2kmもあり、半径22kmを荒野に変えたというアメリカのバリンジャークレーターや、半径30kmの森林が燃えたというツングースカの大爆発と同程度のサイズだ。比較的正確に時間や場所が解るだろうから、該当地域に住んでいる人は移動しなければならぬ。


4 Responses to “小惑星大接近!”

  1. さね より:

    こんにちは、知らなかった小惑星接近だなんて。 はるか昔は地球の誕生以来バシバシ小惑星やら隕石など衝突してたらしいですけど… 地球上表面に水がある惑星自体珍しい?(この銀河系だけでも百万単位であるかもしれないですが)氷の巨大惑星と衝突して今の地球の誕生説があるみたいですからね。 自衛隊がんばってますね偉いなぁ。しかし宇宙からみたら地球上のささいな?領土問題も微生物が争ってるような物かも知れません…が、生きてる現実的な思考として、たとえ微生物的争いとしても、宇宙が暗く寒く凍てついた生存競争が真理ならば中華野郎に負ける訳はいかない! 民主国家が1政党が軍事を掌握してる独裁体制に負ける訳にはいかないですから。軍隊は国の最高暴力機関であって、文民統制によってあるべきですから。いい加減中華人民は支配されるのは楽かもしれませんが気ずけよ。と言いたいですが我が国の国民にも言えるなぁ… どっちもどっちですがベターな国家の在りよう、大義名分は日本国でしょう。日本頑張れ!

  2. Rotarycoupe より:

    自衛隊の宣伝をするわけじゃないですが、海上へ出た彼らは人が変わったように凄いですよ。陸上の航空祭で見せる機動飛行なんて甘い甘い、15年ほど前に護衛艦に乗せてもらったことがありますが、ゲストでやってきた空自のF15は海面すれすれでベーパーを引いて急旋回するは、護衛艦を射撃すべく海面すれすれでS字機動して軸線を合わせてくるは、「こりゃ戦闘機に狙われたら船はひとたまりもない」と背筋が寒くなったものです。海自のヘリも護衛艦のデッキすれすれを全速でかすめ飛んでくれました。(さすがにやりすぎたらしく、翌年からは大人しくなったらしいです)。対潜哨戒機もあの図体からは想像もできない低空での急旋回を日夜繰り返しているそうです。
    その記憶があるから、海上自衛隊や空自が中国海軍に競り負けるとはまったく思っていません。
    ところで、これは面白がってはいけないのですが、中国外交部の「知らなかった」発言には笑ってしまいました。ロックオンはおそらく対日本だけでなくどの国の軍隊に対しても行っていたんでしょう。今まで何も言われなかったのに、突然日本のトップが言い出したものだから、中国側の狼狽が甚だしいです。喩えが悪いですが、今まで夫の浮気を黙認していた妻がある日突然夫を責めだしたら、夫としても「覚えてない。。」と呟くしかないのに似ています。どちらが夫で妻かはさておき、日中衝突なんて地球の裏側から見たら夫婦の痴話喧嘩みたいなものかもしれませんよ。でも自分の資産はきちんと確保しておかないとね。
    おっと、いまNHKでロシア機の領空侵犯を報じています。。

  3. Uka より:

    私の昨日のコメント訂正願います。
    中国海軍のレーダー照射があったのは中国漁船による体当たり以前からでなく尖閣諸島国有化以前からです。
    中国メディアも以前からレーダー照射があったのに何を今さら騒ぐのか大げさだと言っています。ということは自衛隊がレーダー照射しても大したことではないということになりますね。中国メディアには国際法や条約が全く頭にはないのかもしれません。
    小惑星は日本に住んでいる宇宙人(元総理)を迎えに来たのかも。宇宙に帰っていただいたほうが日本のためになります。

  4. applefanjp より:

    ロシアも意見がまとまってませんね。
    対中国脅威派と仲良し派と。
    今日の領空侵犯は日本と安全保障条約を結ぼうという
    プーチンへの軍部のメッセージとも受け取れます。
    そうそう、体罰問題。
    オリンピック憲章にも違反する出来事。
    これを機に教育界、スポーツ界から一掃すべきです!

このページの先頭へ