尖閣の危機

リーフでアウトランダーPHEVの試乗会に行くべく家を出たらチラホラと雪。天気予報は雨ながら、一旦戻ってスタッドレスタイヤ履いてるプリウスに乗り換えて観音崎へ。11時30分に到着した時点じゃ雨でございます。しかし! アウトランダーPHEVで横浜横須賀道路に入るや、横須賀IC手前からカンペキな雪!

2201_003

夏タイヤじゃそろそろ厳しい

なのにトラックとか凄い速度で走って行く! アンタラあほか! 貰い事故はまっぴらごめんだ! 横須賀ICはアップダウンあるため2km先の逗子ICで引き返す。途中の横須賀PAでアウトランダーPHEVの急速充電を試す。稼働を確認し、観音崎に戻る。チェーン規制掛かってないが、そろそろ夏タイヤじゃ限界です。

2202_003

急速充電も可能

アウトランダーPHEVは良い! プロトタイプでイマイチだった乗り心地も大幅に改善されており、上質感がキッチリ出てきた。電気自動車モードで走っているときの静かさや滑らかさなど一段と際立つ。間もなく2013年度の補助金も決まるだろうから(アウトランダーPHEVの場合、今と同じ金額で買えると思う)、欲しい人はぜひ。

2203_002

次回試乗したら充電可能量をチェックします

尖閣の事態はいよいよ深刻か? 中国公船3隻が尖閣の領海を侵犯。ウチ1隻は魚釣島1kmの距離まで接近したという。もちろん海上保安艇は中国公船と魚釣島の間に割って入っているだろうけれど、さらに接近されれば接触や島に近い海上保安艇の座礁などの危険性も出てくる。

何度も書いてきた通り、中国は着実に尖閣の実効支配を狙ってきてます。やがてギリギリまで接近され、上陸でもされたら日本はどう出る? 今の日本の姿勢じゃ先に上陸され、しかも向こうの人数が多ければ逆に「ここは中国の領土だ。出て行け!」と言われた時に有効な対応策を取れまい。

長い間、尖閣は「お互い関与しない」という姿勢を取ってきた。そいつを反故にしたの、2010年7月の漁船衝突事故を引き起こした中国側だ。もし日本が尖閣を重要だと考えているなら、約束破りの責任をキッチリ宣言した上、尖閣に常駐体制を作るべきだと考える。こままだと取られます。


3 Responses to “尖閣の危機”

  1. applefanjp より:

    ご指摘の通り、タイミングを見ていますよね。
    ただ、民主党時代から自民党政権をバックアップしてきたアメリカ。
    G20もそう。
    今回の安倍総理の訪米。
    参院選に向けて協力を依頼し、タッグを組むのは明らか。
    その動きは中国にとっては判断が難しいように思えます。
    来るとすればいつか。
    鍵を握っているのは、北朝鮮か?

  2. Rotarycoupe より:

    尖閣の件、粛々と常駐体制を築くだけでよいと思います。宣言しても相手の面子を潰すだけでしょう。面子を潰されれば、相手も強行手段に訴える他なくなります。
    相手の面子を尊重しつつ、こちらの実を取ることが、最近の日本人は下手になってきていると思います。どうしてもこちらの感情を優先してしまいがちです。これが世界から日本が浮きつつある原因ではないでしょうかね。

  3. さね より:

    もう中華人民の覇権争い、傀儡である北コリアのやる事にはウンザリだな。かといって敵はだまってのほほんとはしてないでしょうから、何らかの有益な準軍事的な建物や石原さんがゆう、灯台なり立てるべきでしょう。今の憲法と国力や三流政治屋しかいない現在、またそれを選ぶしかない国民としてはそれぐらいの行動はしてほしいかなぁ…。 話は興味深々のアウトランダーPHEVそんなによいんですかぁ。燃費は充電しなけりゃ燃費を維持するコスト的には大したことないでしょうが、充電出来る環境が家に設置出来れば面白いパワーユニットですよね。個人的には電気料金含めてトータルの燃費は普通ならどーでもいいんですが。SUVっぽいのも含めて効率的だけな車でないし。 ところでガソリン車の方も車体の補強、剛性はPHEVや海外ディーゼルと一緒にするべきだしスモールオフセットにも対応してほしいなぁ。金ないからやらないか? でもあえて三菱はアウトランダーシリーズにコストかけて走破性能から走行性能、先進性全て持てる技術力を真摯的にライバルを凌駕するべく投入すべきでしょう、走破性能においてフォレスター、エクストレイル以上ぐらいの性能は軽く有するぐらい。 他に三菱にはもうなにもないのだから。ところでPHEVは悪路走行出来るんでしょうか? だーれも書かないですが…洪水などで不慮の事態である程度水に浸かったら走行不能?林道の凸凹ぐらいは走破可能? マフラーの位置大丈夫なんだろうか? SUVの形をしたランダー流用も三菱の内情では仕方ないですが、一応見た目SUVなんだしその辺りはどのぐらい可能なのか、書いて然るべきと思うんですが…。書いてないし宣伝ない…とゆうことは自信無しかな?もしそうなら何もアウトランダーでなくてもなぁ… 自信あるならフォレスターみたく世界至る所10万キロ走破でもすればいいのにPHEVから内燃機関車も燃費含めて。くだらない宣伝に金かけるより マシと思うんですが。

このページの先頭へ