帰国

13時にラリーカーのデバン(コンテナから出す作業)が終わるというので、軽トラでタイヤを引き取りに行く。スペアパーツはバンパーを除き全てラリーカーの中に積んであります。というか、SS距離230kmの2Dayラリーのスペアパーツの量としちゃ超少ない。貧乏ラリーのお手本みたいなものです。

12203_001

車内とトランクはパーツでギッシリ

改めて喜多見さんのラリーカーを見たらスンゴイ状態! フロントフェンダーからリアフェンダーまで全て激しく中に押し込まれている。ルーフやサイドシルの変形もロールケージで止まっている状態。よくぞサスペンションに決定的なダメージを受けなかったモンだと感心しきり。「超」を5つつけたいほど強運の持ち主だ。

12202_001

タイヤも予算の都合で1台あたり10本しか無し!

私のラリーカーは基本骨格についちゃ問題なし。右後トランク下部のフレームがタイヤからの入力で上に曲がったのみ。小澤さんによれば「走りに影響のない部分なのでキッチリなおります。喜多見さんの方がタイヘンです」とのこと。幸い、GDBは中古部品が豊富にある。選択の余地無く全部中古部品にします。

終了後、ラリータイヤ積んだサンバーで銀座に移動。ボート・オブ・ザイ・イヤーの情報交換会に出る。今年の選考対象となるボートについて、様々な角度から検討するという会。フネは天候によって走りの評価が大きく変わる。こういった情報交換をすると「なるほど!」と思うこと多し。

さらに今年から仲間に加えて貰ったAJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)の忘年会へ。白金台の八芳園に軽トラで入って行ったら、さすがに「御用件は」と言われてしまいましたね。「AJAJの宴会です」と言ったら対応が直角に変わる。軽トラックに乗って都内の用足しをすると面白いです。

12201_002

軽トラは日本の「発明」ぢゃ!

10年くらい前に買ったサンバートラックは未だ現役。意外なことにステッカーが退色していない。良い素材で作ってくれたんだろう。乗り心地抜群にいいし、インテリアだって素材を変えたので乗用車クオリティ。マッキントッシュの素晴らしい音を堪能しながら走ってると「いいね!」と思う。

帰宅してニュースを見たら2ちゃんねるのひろゆきが書類送検された。ただ取り調べには応じず、逮捕もされていない。しかも民事訴訟で何億円も負けているのにばっくれている。こういう輩を許しているんだから警察も凄い! まぁ警察には痛い腹や、隠しておいて欲しいことがたくさんあるんだろう。


2 Responses to “帰国”

  1. kine より:

    サンバーはリアエンジンなので、ハイゼットやキャリーに比べると室内が静からしいので、良いカーオーディオも実力を発揮出来るのだと思います。
    知り合いで乗っている方がいて加速して行く時の音を聴いたら,1速2速で目一杯回しているような?サージングしそうな気がしました、後で考えたらエンジン音が聞こえづらいからエンジンを回すのかなと?と、思っています。

  2. applefanjp より:

    おおっ!師匠のサンバー号。
    かっこいいぞ!
    サンバー、買いたかったなあ。
    自分が退職する頃、
    面白いクルマが溢れているといいなあって
    思いました。
    インプ、しっかり治ってくること
    楽しみにしています!

このページの先頭へ