幼児用シート

バリ島の事故、やはりダイビング船の船長が頑張るべきだった。荒天で見失ったことは仕方ないことだと思う。でも帰ってしまったらダイバーにとっちゃ致命的。というか何で帰ったのか全く理解出来ない。探す方法だってある。そもそも流れていく方向は、フネに乗っていたって予測可能。

そちらの方向を中心に、スローで探せば良い。もし他のフネを見かけたら、捜索の依頼だってするべきだ。燃料の残りが少なかった、ということを言ってるようだけど、スローだと数時間持つ。ダイビングポイントなんだから土地勘だったあったろう。なのに帰ってしまった。私の感覚からすれば信じられない。

5人のダイバーに2人のベテランのインストラクターが付いているのだから、ショップに問題は無い。日本なら間違いなくインストラクター1人です。流れの速いところで潜るのも問題ない。だからこそアンカリングして潜るんじゃ無くドリフトですから。強いて反省点を挙げるなら、本当に荒天が予想出来なかったか、という点のみ。

韓国はアメリカの地図で日本海を東海と表記するよう活動していた。運動実って併記される地図も出ている。しかぁし! 大笑いすることに『竹島/独島』と併記されてます! しかも基本的に竹島が前。いわゆる「ヤブヘビ」というヤツ。東海と表記するように動いていたチームは涙目らしい。

ムスメの子供用のチャイルドシートを見に行ったら、いろんな意味でウナる。売れ行き上々というメーカーのシート、横方向のプロテクション性能が明らかに厳しい。樹脂のまんまです。調べてみたら、前後方向の衝突試験しか行っていないという(今年から側面衝突も試験項目に入れるそうな)。

それにしても酷い製品ばかりで呆れた。イケそうなのはタカタの高額なシートのみ。コストパフォーマンスで選ぶなら、コストコで扱っているブライタックス・レーマー社の欧州基準合格品(1万5千円くらいだったと思う)が圧倒的かと。もちろんクルマ通の読者諸兄なら正しい選択をしてると考えます。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ