悪魔の誘い(24日)

午前中は絵画館前で取材。このところ寒い日はリーフだ。意外かもしれないけれど、カキンカキンに冷えた日だと普通のクルマならたっぷり5分は寒い! いや、もっとか。なのにリーフってシートヒーター(後席にも付く!)とステアリングヒーターが1分で暖かくなり、3分で温風出てくるのだった。電気自動車、近距離の移動なら最高だ!

いや、ヒートポンプ式のエアコンになった現行リーフなら、ヒーター入れたって航続距離が10km落ちない。このところリーフにばっかり乗ってます。ちなみに本日ラインオフ式を行ったミライもシートヒーター&ステアリングヒーター標準装備。わずか150W程度の電力で即暖効果持つのだからデンキって素晴らしい。ミライの納車が楽しみす。

昼過ぎにオールアバウトのガイドの紹介をする企画の取材を受ける。人の取材は慣れているけれど、受けるのって何か恥ずかしい。私の人生、調子に乗ったらたいてい失敗します。ダメモトで考えていれば、あまり痛い目に遭わないのだった。取材を受けると、ついつい調子良いことばかり答えてしまう傾向。心配だ。反省しなくちゃアカン。

夕方、吉祥寺のヨドバシカメラ。アイフォーン6のケースと、フィルムを買う。何と308円でフィルムを張ってくれるサービスがあるというので頼む。植草君とかならカンペキに仕上げるのだろうけれど、私は今まで必ず気泡入っちゃう。端っこもめくれ気味。308円の威力たるや絶大で、見事な仕上がり。大満足。次はガラス製のカバーにしてみようかと。

その足で六本木。WRC関係の打ち合わせ。そこで出た話の中に「500万円あればWRCでR5のフォードに乗れる」。う~ん! 魅力的です! ラリー参戦の「打ち止め」はそこを目標にしようかと。下の動画はR5のテスト風景。グループNより圧倒的に早く、WRカーのキロ1秒落ちくらいで走ってしまう。1,6リッター直噴ターボの4WDです。

今のところフォード・エスコートだけながら、どうやら今後増えていくらしい。考えてみたらタイで1戦ラリー出るのに300万円くらい掛かる。昨年はマレーシアも出たので600万円くらい掛かった。ヘルメットとスーツだけ持って行き、500万円でR5にWRCで乗れるなら人生の”上がり”のイベントしちゃ申し分ないでしょう。悪魔の誘いですね。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ