新しい価値観のスポーツカー(27日)

WRX S4の計画なのだけれど、とりあえず作りたいのは「ラリーにも出場出来る街乗り用のスポーツカー」である。数年前から書いてきている通り、もはや単に速いだけのスポーツカーにゃ正義ないと思ってます。ケンカ強いお兄さんに憧れた時代は終わった、ということ。

3271

街中で威嚇しケンカするような人などアカン。でも格闘技の強い人なら逞しくたってカッコ良い。そんなワケでWRX S4を格闘技やってるカッコ良いヤツに仕立てたいのだ。ただ私の困ったところは「だったら試合にも出てやろうぢゃないの!」という誘惑に負けちゃうところ。

そんなこんなで、街中で乗ることを前提にとりあえずラリーに出場出来るスペックを持たせようとしている。必要なのはロールケージ。そしてフルバケットシート+5点式シートベルト。アンダーガード。タフなサスペンション。消火器などセーフティエクイップメントです。

考えてみたら私が若い頃は先輩の皆さんそんなクルマに乗ってました。ロールケージ入れて補助灯バリバリのダルマランサーとかTE27レビンとかブルーバード510とか。超カッコ良かったなぁ! 40年経ってそんなクルマに乗ってみたいと考えているのだった。

3272

小宮岩男さんの写真、カッコ良いす!

それだけじゃない。せっかく競技車両を作るのなら出場しなくちゃ! かといってJAF登録車両じゃ無いため全日本ラリーやアジパシには出場出来ない。ただタイやマレーシア、インドネシアのラリーなら出場OK。ということで、まずタイのキングスカップに出ようと思う。

出来れば来シーズンはインドネシアとマレーシア、タイで行われる『トライネーションズカップ』に出てみたい。ここで粘ってシリーズチャンピオンなんか取っちゃったら凄いこと。だってノーマルコンピューターのエアコン付きATですぜ! これこそ徳大寺師匠が言ってた「クルマ好きの見果てぬ夢」だ。

いつも「国沢。いつもはスポーツカーとして乗っているクルマで国際競技に出てソコソコの成績を収められることが出来たら最高だよな!」。私がラリーを始めた時からの金言です。1台目のラリー車は限りなく市販車だったけど、速さもそれなり。単に戦闘力低いラリー車でありました。

2台目はソコソコ本格的な競技車両だったがエアコンもブレーキのマスターバックも無く、街乗り用としちゃ使えない。S4は速さも快適性も追求しようと思っている。アイサイトまで残す予定ですから。どんなクルマになるのか今から楽しみでならぬ! そんなことを考えながら終日原稿書き。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ