早くもリタイア?

ラリーという競技は、レッキするまでコース状況が全く解らない。距離しか公表されないのだった。電気自動車の電費ってアップダウンにより大きく違ってくる。レッキを終えて「う〜ん!」。群馬より山も低いだろうと思ったら大間違い。スンゴク標高差あります。ということで充電箇所をリクエストしたら‥‥。

ラリーのリエゾンの時間を考え「5分程度」としたところ(交通状況によって余る時間が変わるため)、全部5分キッカリしか許可されず。これで今回のラリー、ずっとお腹すきっぱなしで走らなければならなくなった。かといってノンビリ林道ドライブじゃラリーにならぬ! 相当厳しい修行になります!

多少のウエット路面ならSタイヤが基本。当然の如く1ループ目はSタイヤでスタート! しかし! 見る見るデンキが減っていく! 超抑えて走ったにも関わらず、2本目のSS終わった時点で走行可能距離13km。この時点でリタイアを覚悟す。SS3は開き直ってエコランペース。登りのストレートなんか50km/h!

8241_003

この時点で航行可能距離13km!

サービス地点の峰山は画面左端。その前に太鼓山の真下のスイス村までのSS3を走らなければならない。SS3を終えてからの移動は、10年ぶりくらいにエコラン大王の出番だ。されど路面に張り付くSタイヤの転がり抵抗、想像以上に大きい。Sタイヤの選択も大きなミスだった。しくしく。

8242_003

リーフ乗りにとっちゃ見たくない画面

エコランが得意だったことを今回ほど有り難く思ったことはございません! 息も絶え絶えでサービスに辿り着くと、横棒3つ表示。いつ止まってもおかしくない状況だったワケ。アタマのスイッチ、切り替わりましたね。ECOタイヤの『ブルーアースA』に履き替え、全体を50%ペースで走る。

8243

サービスでは電池の冷却作戦をいくつか

上の写真はスポットクーラーで冷気を送りながら冷たいミストを送る様子。幸い気温が30度以上にならなかった上、急速充電も少なかったため、今回は上限ギリギリでございました。いずれにしろラリーはいいところ無し! チーム全員スッキリしない。完走狙いだけぢゃあまりに寂しっす!

8244

とはいえ飲む!

夜は作戦会議。唯一の「いいね!」が読者の方から頂いた山梨の焼酎だった。これ、本当に美味しかった。酒にウルサイ親父達も絶賛! ドライバーは早めに尻尾を足の間に挟んで退却します。明日は明日の風が吹く。でも少しはリーフのイイところを見せたい。お腹いっぱいで走らせたいです。


2 Responses to “早くもリタイア?”

  1. アミーゴ5号 より:

    ラリー入賞、おめでとうございます。
    コメントしあぐねておりましたが、走りのラリーなのに、走り&燃費、攻め&守り、S&Mを同時にこなす悩ましい状態だったのですね。
    続編が楽しみでございます〜。

  2. applefanjp より:

    冷却、タイヤチョイス・・・。
    計算が必要な走り。
    やはり、「レース」ですね。
    ただ、唯一の違いはガツンと踏めないことですよね。
    うーん。

このページの先頭へ