歯を諦める

クリミア投票でロシアへの帰属が圧倒的多数だったのを受け、オバマ大統領は「絶対許さない!」と言ったという。ロシアから天然ガスなどを調達しているヨーロッパはどう出たか? 何と! EUの大統領というナンだかワカラン人が「認めない!」と言ったのみ。フランスやドイツ、イギリスも黙っている。

日本のみ「認めない」と一応声明を出したが、ホンキじゃないから実効性を伴った対応などしていないし、する気も無い。オバマさん、お友達いないのね〜! 本来なら忠実なポチの日本も、最近メシ喰わさないし、アタマなでてもくれないからシッポ2〜3回振ってオシマイ。プーチンさんは美味しそうなニオイをさせてます。

飲んだ歯のトレジャーハントをする度胸も無いため、近所の歯医者さんに行く。抜けた差し歯は土台のデキがイマイチだったためグラグラ揺れ出して抜けたとのこと。確かに土台がユルユルになってます。トレジャーハントしてもダメだったようだ。シナイデヨカッタ! 10万円近い差し歯の寿命、7年でしたね。

英デイリーメールWeb版は、携帯電話の電波が人間に無害だという調査結果を発表した。そらそうだ。1990年あたりから普及し始めた携帯電話でガンや心臓麻痺が増えたという話も聞かない。デンパや電磁波アレルギーの人達のみ騒いでいた感じ。私も一度も信じてませんでした。

マレーシア航空行方不明の件、依然としてナゾだらけだ。巡航高度から一旦1万4千m近くまで上がったのは、乗客を失神させるためだと言う人も居る。航空機は与圧されているが、一定の圧力を超えないようにしている。じゃないと高い高度で機体が膨れちゃいますから。大雑把に言うと、8千mで地上と同じ気圧。

そこから徐々に与圧が足りなくなって行き、最大で2640m相当まで低くなる。つまり上限高度で飛んでいるときは、2640mの高地に居るのと同じことになります。だからお酒の酔いも違ってくるのだった。最大巡航高度1万1万mのB777-200が1万4千m近くまで上がったたら、フルに与圧しても高度6640mくらいの気圧かと。

ただ与圧が4620m相当まで下がると、自動的に酸素マスクが出てくる。大騒ぎになることだろう。逆に酸素マスクのオフスイッチあれば、知らないうちに意識を失う。実際、違う進路で低空航行してれば騒ぐ乗客だっているかと。携帯電話を使う人もいる。そんなことまで考えなくちゃならない事態です。

いずれにしろマレーシア政府は何か隠してます。夜になってマラッカ海峡北部で多くの漂流物を発見したという新しい情報が入ってきた。私のカンだけれど、残念ながらこれかもしれません。明日の午後にはニュースになるだろう。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ