水戸黄門

早起きして気合い入れたら何とか原稿が終わったので、足回りがアカンというウサワも聞くハスラーの試乗会へ。私の場合、ハスラーと言えばかつての愛機TS125をイメージしちゃう。まぁなんでハスラーなのかという話はどうでもいいことですワな。とりあえずターボ無しから試乗してみた。

1711

ピンクでしょ!

するとどうよ! 燃費が激しく良い。丁寧に乗っていたら26km/L以上走ってる。これじゃダメだ、ということで普通に走ってみたのが2つ下の数字。東京都内の渋滞を走っても15km/Lを割ることはなさそう。これだけ燃費良ければハイブリッドも必要なし。軽の燃費、よくなったと実感す。

1172_003

良過ぎでしょ!

1174_2

そこで普通に乗ってみる

おっと足回りでした。ターボ無しFFについて言えば不満無し。ハンドリングも乗り心地も、私だって納得出来る。フロントにショーワ。乗り心地への悪影響少ないリアにKYBの組み合わせは、今や多くの軽自動車メーカーが使う手です。絶対的な動力性能だって「十分ですね」。マニュアルなら最高だ。

1173_002

乗り心地を除けば上々

続いてターボの4WDに乗り換える。う〜ん! 乗り心地がダメです。ドタバタしちゃってる。タイヤサイズが大きくなった分、安っぽくなってしまった。「違いの解る人」なら、納車された日にサンコーワークス行きたくなるほど。実用燃費はターボ無しの20%ダウンをイメージしておけばよいかと。

夜はWRCモンテカルロの生中継。全長49kmと長い『パワーステージ』(ボーナスポイントが付くSS)の中継なのだけれど、相当見応えがあって面白かった。1時間の放送なのに、あっという間でございます。今年のモンテは1日目から大波乱。現代自動車も2台リタイアしちゃった。

18日の夜は豊田章男さんと一緒に解説するのだけれど、果たしていかに? 聞けば今回はモリゾウさんということ。確かにトヨタの社長がWRCの解説だと仰々しいワな。水戸黄門様でなく、越後のちりめん問屋の光右衛門さんだと思えばいっか。これまた日本の文化でございます。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ