福島第一

福島第一がどうなっているのかハッキリ解らないけれど、むしろ厳しい状況になっていることは疑う余地無し。高濃度の汚染水が日に日に増え、今や広大な敷地もタンクだらけ。また1号機は冷却のため毎時4,4トン注水しているけれど、80%が漏れている。そいつは汚染された地下水になってます。

今後どうなるか全く楽観出来ない。ばかりか、汚染された地下水の水位がジワジワ高くなっているらしく、そう遠くないウチ地上に染みだしてくるだろう。それなれば海洋汚染はもちろん、誰も近寄れなくなるし、しみ出た汚染水を吸ったホコりや土が風で飛び散る。収束という状況にゃほど遠い。

放射能浄化装置をたくさん投入し、汚染された地下水もくみ上げるトコロから手を付けないとダメかと。もちろん開発は進めているのだろうが、総力を挙げないと。未だに親方日の丸態度丸出しで企業に「やらせてやる」という雰囲気らしい。成績優秀ながら友達が居ない一番ダメなタイプの日本人がやってる。

この際、安価で安全な原発の解体技術を開発すればよい。な〜に当面の仕事は日本にいっくらでもある。1年に3機くらいのペースで廃炉にしていけば、20年間メシが喰えます。そのときにゃ世界一の技術力を身につけているだろうから、世界中の原発廃炉を請け負えばいい。人に喜ばれる技術だ。

東京マラソンの先導車にBMWのi8が使われると聞いていたのだけれど、TVを見ても全く写らず。日本TV、あえて写さなかった? このあたりはいろんなシガラミや足の引っ張り合いもあるんだろう。東京マラソン、ベストカーの渡邊君などギョウカイの人も何人か出ている。私は‥‥道具使う冬のオリンピック指向です。

森元首相はソチまで27時間掛かるからパラリンピックに行くのに気持ちが暗くなる、と言っている。だったら政府専用機を飛ばせばいい。ちなみにソチ空港の滑走路は2900m。行きはフルロードで飛んでいける。帰りも荷物が少ないし、定期便より定員少ない(150人くらい)から問題ないかと。

ソチまでの燃料代、おおよそ1100万円です。政府専用機ウンヌンと言うなら、それこそチャーター便を飛ばせばいい。野球選手だって1人でニューヨークまでB787をチャーター出来る。使途に制限のない内閣官房報償費をあてればよかろう。というか、定期便を使うより安いかも。

森元首相や都知事などがビジネスクラスで飛べば往復100万円は下るまい。ウルサイじいさん共20人の移動で2千万円。ANAを値切れば+αでB787かB767くらい飛ばせてくれる。ビジネスシートに選手。エコノミーに関係者やメディア(これはお金を取れる)を乗せていけばいい。

浅田選手の中国に於ける評価。中国人も捨てたモンじゃない

ソチのオリンピック、楽しかったす!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ