輸入車とガチ

朝からマジェスタの試乗会。このクラス、今や輸入車と価格的に近くなってしまった。ベースグレードの価格は610万円。ほぼ同じボディサイズ&車格そして装備内容を持つベンツE250が595万5千円。意外や意外! Eクラスの方が安かったりして! 日本車、ドンドン高くなってきた。

こう書くと「マジェスタはハイブリッドだから仕方ないでしょ!」と思うかもしれない。けれど燃費のためにハイブリッドを採用している。E250は3リッター級のトルクを出す2リッターターボエンジンということもあり、燃費良好です。600万円のクルマを買うような人からすれば、決定的な差とは思えぬ。

一方、安全装備はケタ違いだ。マジェスタにプリクラを装備して616万3千円。E250にレーダーセーフティパッケージを付ければ614万5千円。レーダーセーフティパッケージの内容は昨日TOPで書いた通り、スンゴイとしか言えない! ミリ波レーダー6個+アイサイトのようなステレオカメラまで付く。

さらに停止まで制御を行う先行車追随クルコンや、ノロノロ走行であれば先行車が走った後を忠実に辿るステアリングコントロールまで付くという世界最先端の超ハイテク装備だ。乗り心地は明確にEクラスの勝ち。インテリアの質感も「いかにも樹脂」の木目調パネルや、ビニール感のある内張より上質。

クルマ好きが乗り比べたら迷わないと思う。トヨタだって認識しており、月販目標500台。もはやEクラスとドッコイだ。マジェスタといえば、世界初の横滑り装置VSCを採用したりアクティブサスを採用したりするなど技術のデパートだった。今や「世間体で輸入車は買えない」という人のための高い国産車という位置づけ。

日本人としちゃ大いに寂しいっす! 本日21時30分から『Jスポーツ3』でWRCラリー・ド・フランスの生中継をします。福井兄の下で怪説させていただきます。お時間あれば御覧ください。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ