非正規雇用

早起きしてV40で箱根へ。ポールスターで20馬力パワーアップして以後、ミッションの調子も良くなった。乗り心地も文句ないレベル。良いクルマに育ってきましたね〜。本日天気良好なれど風チョー強し! 特にヤギさんコーナーの風の冷たさときたら死にそう! ただ空が青かったのでキレイな写真になりました。

帰宅して原稿書こうとしたものの、どうにも気合い入らず。ニュースなどチェックしてたら、農薬入れた群馬の人についていろんなコメントが出ていた。49歳で時給1200円。若い人の時給とほとんど同じだという。不満あったのかもしれません。今後、こういった不満がたくさん出てくると思う。

20歳代なら時給1200円のアルバイトと正社員の給料はほぼ変わらない。むしろ正社員の方が天引き多いため収入少なく、仕事も責任を持たされるため厳しいことだろう。30歳代中頃になると、正社員の収入は徐々に上がっていく。やがてアルバイトの収入と決定的に差が付いてきます。

40歳になったら結婚だって難しい。漠然とした不満も感じるようになり、大きな社会問題になると考える。明るい我が国の将来を考えれば「不満を持つ非正規雇用者」(不満を持ってない人だって多いと思う)との対話は避けて通れないかと。政府は海外に敵を作るという古くさい「逃げ」を考えているようですけどね。

かといって責任感を持って働くことや、辛い職業をイヤがる人もいる。だから正社員にならず非正規雇用なのである。ちなみに私もその1人。ベストカー編集部員という正社員を続けられなくなってドロップアウトしたのだった。1文字あたりの原稿料なんか永田と大差なし。数をこなしてるだけでございます。

対応策は三つある。収入が少ない人でも幸せな生活を送れる環境を作ることと、成功した人は目立たないようコッソリ人生を楽しむこと。そしてヤル気のある人についちゃキチンと評価されステップアップ出来るシステムを作ること。誰でも才能を持っている。そいつを活かせる方法を考えたらいい。

そうそう。私のWebのアクセス解析をしてみたら、意外なことが判明しました。クルマ嫌い世代である30〜39歳が30%も! ちなみに40から49歳は50%です。私のWebを見に来る30歳代の人は前向きの人生を送っている少数派かもしれません。後ろ向きの人は私のWebなんか読まんでしょ。

キングスカップ2013

どなたかがキングスカップの動画をクリップしてくれていました。私のBRZ、3回も出てきます。ありがとうございま〜す。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ