風評被害

大荒れの天気予報だったが、朝5時に家を出る時点で雨上がっており、風だってソヨとも吹いていない。6時半に筑波サーキットに到着したら、もはや晴れ間さえ出てきた。気象庁サマの予報では「深夜から日曜日の午前中に掛け大荒れ。不要不急の外出は控えるように」とまで言い切った!

4071_001

朝6時30分

こうなればイベントの主催者達はドン引きである。事故あったら間違いなく責任を取らされますから。かくして多くのイベントが中止になったという。しかし少なくとも関東地方は多少風強かったのみ。筑波サーキットの場合、テント畳んだ程度でございます。イベント終わる頃に一雨来ただけ。激しく日焼けしました。

4082

「不要不急は外出するな!」の天気かいっ!

お客さんは昨日の天気予報で心が折れたのだろう。人気のハイパーミーティングながら、例年の半分くらいしか入らなかったらしい。そらそうだ。逆に「よく半分も来ましたね!」と驚く。中止したイベントの収益は厳しいハズ。関東地方で晴れた空を眺めながら「気象庁のオタンコ!」と叫んでいた人は多いだろう。

イベントはスケジュールの遅延も無く順調。ただ私らの担当であるメインスタンド裏側のミニステージは風が強くてマイクのトラブル多発。予定していたステージの半分くらいしか出来ませんでした。それでも午前中のラリードライバーと、午後のトヨタの若手2人(井口選手と蒲生選手)のトークショーは面白かったす。

防衛相は自衛隊に『破壊措置命令』を出した。いよいよXディは近いという情報を掴んだのだろう。「念のため」という表現を使っているものの、危機感大。民主党時代と違うのは、弾道ミサイルに対し屁の突っ張りにもならないPAC3(パトリオット)を展開しないこと。竹槍でB29を落とそうとするのと同じですから。

10日がアブナイと言われているものの、最近の北は早出しする傾向。その前にアメリカかが叩くかもしれません。今週は1つのヤマになるかと。なのに外務省の『海外危険情報』の韓国は変更無し。ニュースでこれだけ取り上げているのだから、状況の解説くらいしておくべきだろう。イザとなった時も助けてくれないし。


2 Responses to “風評被害”

  1. applefanjp より:

    爆弾低気圧!って、言ってましたからねぇ。
    地域によっては、たいそうな被害もあって
    難しかったのでしょうね。
    日焼けされたので、うーん。お気持ち察します。
    それもそうですが、本物の爆弾も怖い!ですよね。

  2. ti より:

    雪降る降る詐欺に続き風吹く吹く詐欺…。
    気象庁の言うことは全く信用ならないですね。
    民間の気象予報会社の情報のほうが当たります。

このページの先頭へ