3度の修行(7月19日)

昨日書いた大型客船の件、少し状況が違ってました。船体を造ったのは戦艦長門と同じドックで、進水式をした後、曳航され艤装のためタグボードで引っ張られ現在の場所に運ばれたとのこと。日本で造る客船としちゃ最大となる12万トン級だという。デガいワケだ。

7191

今日の修行はレグ1が刺し網の引き揚げ。6時前に昨夕入れた330mの網を挙げます。掛かってたの、タイとエイ、オコゼ、ミノカサゴ、ワタリガニなど。網の目大きく、所々破れているため、資源を取り尽くさないで済む? 朝ご飯のおかづもキッチリ採れました。

7192

レグ2は昼まで竿を使ったサカナ採り。日本の多くの地域が雨のようだけれど、五島上空にゃ寒気入っておらず良い天気。しかもベタ凪。風もないってことです。当然の如く炎熱修行になる。UVカットのウェアを持ってこなかったため、午前中だけで激しい日焼けしちゃいました。

獲物は五島名物の巨大イサキ(30cmだと小さい方)を4つと、50cm級のメジナ(尾長とかクロとかグレち呼ばれる)。このあたりじゃタイよりメジナやイサキの方が評価されるのだという。東京モンからすればタイですやっぱし! 午前中はタイの姿見ず。一旦戻ってビール&お昼。

午後は3時から竿にてサカナ採り。始めて10分で勝股兄に2kgにゃ届かないサイズながらタイ釣られちゃいました。海の中から赤いサカナ出てくると「おおっ!」っと思っちゃいます。しくしく。私全くダメ。タイもイサキも採れないため、転戦してタイラバーをやってみようということに。

7193

するとどうよ! 流れは私に。わずか1時間のウチ、1kgに届かないタイを皮切りに、2kg超を1本。続いて700g級の美味しそうなヤツを2本。そして上がりますよ、の時にキジハタ。2時間も釣ったらツ抜けしそうなイキオイ。細いロッド&ラインで釣るから楽しいの何の!

タイが釣れるとホントに幸せでございます。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ