F650GS

午前中は5月10日売り号の原稿書き。先週4月26日売り号が終わったばかりながら、連休進行で今週ヤマになります。試乗会や発表会もいくつか行われているけれど、残念ながら欠席。こう書くと「アンタはいつも来ないじゃないか」と言われます。行こう行こうと思っているのだが、なんのかんの予定入ってしまう。

もっと言えば、案内を貰ってもマネージメントが悪いため試乗会や発表会あることを知らない、ということだって多い。今週も軽井沢でボルボの取材会をやっているのだけれど、カンペキに忘れていたし。すぐ原稿書く仕事があれば行くのだけれど、そうじゃない場合、締め切り優先になっちゃう。反省します。 

本日F650GSを見に来た方があり、試乗の結果、乗って頂けることになった。ガレージ保管で走行距離は9千kmに届いていないこともあり、コンディションはとても良いと思う。というか乗っていて「やっぱし楽しいバイクですね」。どんなクルマでもバイクでも、手放すときは寂しいです。私より乗ってくれるでしょう。

19時からベストカー編集部で5月10日売り号の座談会。今日のメンツは5人です。1人がIS300hにクラウンHVより明らかに高い点数を入れていたことから、レクサスについての話になる。高い点数を入れた人を除き、みなさん厳しい! 最近のトヨタについても安全面や新しい技術少ない言う。

なるほど。私だけじゃなかったのね。私はドンドン書くから目立つだけのようだ。ベストカー、編集長が替わったのだけれど、次号でど〜んとスモールオーバーラップについてのページを割くなど、今まで以上に硬派でございます。他の自動車雑誌と違う記事が読めると思う。じゃないとメディアとしての存在価値無いですね。


3 Responses to “F650GS”

  1. シルトラ より:

    私も6年間お世話になった愛車トラヴィックを手放してしまいました。
    近所の道が狭いこともあって家族が運転したがらないので小さい車に変えようと決断しました。
    買い取り業者に査定してもらって当日渡していただけるのならと言う条件で別れを惜しむ間もなく持っていかれてしまいました。
    私の愛車も6年間所有していて12000kmしか走っていなかったので次のご主人にはたくさん走ってもらいたいと思います。
    ありがとう、トラヴィック。

  2. eichandesuyo より:

    バイクって、何か、思い入れがあって、手放すときは車以上に別れが辛いです。[E:gawk]

  3. boyoyongo より:

    私も7年間ほど乗ったストリートマジック2を
    昨年個人売買で売りました。
    別れは寂しいものです。
     また売るときに寂しいと思う気持ちっていいなあ!と
    他の方の書き込みを見て気付きました。
     今月前半、インドネシア、バリ島スミニャックに
    行ったのですが、現地はHONDA BEATというアジア向けの
    バイクやNINJA 250Rにヨシムラのマフラー
    (本物かはわからないです)を装着した方などが
    いらして、とても楽しい気持ちになりました。
    クルマの小規模なカスタムショップも賑わっている模様
    でした。
    国沢先生の 間違いだらけの中古バイク選び―業者もタジタジ!得バイクの購入テクニックを仙台の書店で10店舗
    探して見つからず、書店でお取り寄せした80年代から
    継続して応援させていただいております。

このページの先頭へ