STIのブランドイメージ(11月11日)

まだ調子悪さが抜けない。まぁ一般的な一過性の病の場合、症状良くなるまで3~4日という感じ。日曜日から具合悪くなったため、水曜日くらいまで掛かるか? 木曜日に治らなければお医者さんです。仕事は休めないため、今日も5時半に気合い入れて起き、河口湖で行われているSTIの試乗会へ。

STIというブランド、イメージはどんどん薄くなっているのに対し、クルマ作りを見るとどんどんレベルアップしている。話を聞いてみると開発現場の人はブランドイメージ薄くなったことを認識しており、だから頑張らなくちゃならないと考えているようだ。昨年、吉永さんにインタビューした時と変わらない?

吉永さんはスバルの「クルマ好き要素」をSTIに担って欲しいと期待していた。「目先の利益を上げよ」と考えているんじゃないと考えます。だからこそ優れた人材をSTIに送り込んだのだろう。さて。全世界のスバルファンがスバルに期待することってなんだろう? ニュルか専用シャシ&後輪を駆動するGT300か?

ムカシは両方やってませんでしたね。されど今やスバルのDNAのようになってしまっている。もう一度ニュルとGT300を始めた理由から考察したら良いと思う。スバルの世界的なブランドイメージを作ったのはラリーに他ならない。そして一般道はスバルの技術を発揮出来る分野でもある。

いずれにしろ吉永さんがSTIに大きな期待を寄せていることは間違いない。強いブランドイメージが構築出来れば、中途半端なSTIのモデルを出したって売れるだろう(実際は強いブランドイメージ出来れば市販モデルも負けじと頑張りますね)。スバルの得意分野で勝負して欲しいと思う。

2014年サポーターの方への発送が全て終わりました。今週中に到着しなかった場合、新しい住所をメール頂ければ、と思います。もう1つ。TシャツサイズがXXLの方だけしばしお待ちを。Tシャツ屋さんのミスで作り忘れており、今週一杯掛かりそうです。2015年のステッカーは間もなく発送です。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ