VRX

昨晩たっぷり雪降ったらしく、朝起きたらクルマに積もってます。しかも素晴らしい新雪というコンディション。朝飯前にブリヂストンの新しいスタッドレスタイヤ『VRX』を試す。アイスバーンの上に積もった新雪という厳しい条件ながらイケる。というか日本のタイヤビッグ3のスタッドレスタイヤなら朝飯前か。

1261_001

新雪15cm

続いて女神湖でアウトランダーPHEVの氷上試乗会。タイヤはVRXとヨコハマが2台づつ。ハンドリングコースとスラロームコースと、違うコースで乗るという設定になっているけれど、最近珍しく違うメーカーのスタッドレスタイヤを同じ氷の上で比較出来る。果たしていかに? 互角でございますね!

開発チームの人にも聞いてみたら「今回初めてVRXを持ってきたのでキッチリとした評価は出来てませんけれど、同等だという感触です」。ちなみに試乗会の最後にメディア対抗のタイムアタックを行った。編集部員はBS。ライターがヨコハマという仕分け。タイムを見るとウデの差というイメージ。

1262_001

VRXを試す

女神湖SSについちゃドローであります。ただヴェゼルで高速主体の往復400kmを走った感じだと、今までBSの弱点だった舗装路での騒音は気にならないレベルになったし、大きかった転がり抵抗も少なくなっている。『アイスガード5』に総合評価で負けていた『REVO GZ』より確実に良くなった。

VRXはもう少しジックリと味見してみたいと思う。いずれにしろ今シーズンのスタッドレスタイヤはヨコハマとブリヂストンがブッチギリで良い。私ならこの2ブランド以外選ばない。日本特有の滑りやすいアイスバーンはもちろん、高速スタビリティや燃費だって文句無し。発泡ゴムだから経年変化も少ないです。

夜は久々に川口の野村君。いろんな場所が痛かったのに、施術終わると快適至極! どこも痛くないのだった。若い頃はこんなカラダだったのね、とシミジミ思う。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ