2輪同時にジャッキアップしたら危険か?(14日)

以前夏タイヤとスタッドレスタイヤの交換について書いた際、以下のような写真を載せた。おそらくクルマに対する知識が中途半端なヤツはモンク言うだろうな、と思いながらです。案の常、Yahooニュースの方にはオタンコなコメントが(当然全てスパムとして報告)。

ラリー屋さんにとっちゃ普通です

問題あるだろうか? 順番に考えていきたい。まずジャッキ。2トンの容量持っているなら、ステップワゴン・スパーダの重量は1690kgだからその半分で845kg。何ら問題なし。余裕のよっちゃんである。作業場所によっちゃ重い前2輪同時に上げることだってあるほど。

万一の油圧漏れを考え、ジャッキアップしたらタイヤを車体の下に置くことは基本中の基本。1輪ずつの時も守って欲しいと思う。写真撮った後、前輪をハズしジャッキのすぐ後方に置きました。以上、安全性についていえば何ら問題ないと言うことが解って頂けたと思う。

続いて車体に対する影響である。40年前のホンダ車は(正確に書くとホンダ車以外も)ジャッキアップしたらドアの開閉が出来なくなるほど車体ゆがんだ。されど衝突安全性が格段に厳しくなった今や、ジャッキアップポイントに845kg掛けたくらいじゃ全く問題なし。

ジャッキアップポイントの近辺は車体の中でも最も強固なストラクチャーになっている。なんたってオフセット衝突の時にはスンゴイ入力になりますから。ジャッキアップポイントに845kg掛けたくらいで曲がるようだと命がいくつあっても足りない。クルマは丈夫なのだった。

ただジャッキアップポイントを少し外れるとストラクチャーが全く無い柔らかいテッパンなので御注意を。これまたジャッキアップポイントをハズしたら1輪ずつのジャッキアップだって曲がる--ということで上の写真みてモンク言うヤツはクルマ知ってるフリしてるだけ。

こう書くと「マネするでしょ」とくってかかる人もいるけど、ガレージジャッキ持ってる人なら問題なし。また、車載ジャッキで前後持ち上げようとしても重たくて無理。そもそもYahooニュースには注意点もキチンと書いてある。安全性に問題なく車体へのダメージも無し、ということです。

本日、朝から26日売り号の原稿書き。オートサロンは日曜日に行きます。11時30分から30分程度Gazooのブースで栗田嬢の言うことを素直に聞きながらWRCトークショーのゲストやってますのでお時間あればどうぞ。そういえば今週はいよいよWRC開幕である!

本来ならモンテカルロに行きたいところながら、どっこい私も昨年延期になったタイのキングスカップでございます。踊る阿呆と見る阿呆じゃ、踊ってた方が100万倍楽しい。迷う余地なくタイを選びました。果たして今回はどんな修行が待ってるのか? 楽しみです!

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ