5月28日(EVとPHEVのバトル)

午前中は秋が瀬公園で無限フィット&オデッセイの取材。オデッセイは乗り心地の悪さ(というか気持ち悪さ)最強のアブソルートベースだったが、上手に欠点をカバー出来ている。久々に「標準よりずっと良いですね!」。新型アブソルートの乗り心地、ノーマルだとキビシイす。

5281

秋が瀬に来る度、埼玉県の防災ヘリの訓練をしている。ワイヤー垂らして救護するという想定なんだと思う。最近のヘリコプターは自動で同じ位置をキープしたホバリングしてくれけれど、確かに空中で止まっている感じ。訓練により様々な事故や災害から人命を救えます。

5282

終了後、一旦家に戻って原稿書き。ネットを見てたら、数日前に書いた『EVのシマを荒らすPHEV』に関連する問題が一段と進んでいることが判明した。1つはPHEV側の「う~ん!」。横浜の日産本社には2基の急速充電器が設置されており、そこに行ったという。

PHEVを日産で充電したら捕まるか?

現時点ではマナーの問題。日産本社と自社で電気代を負担している独自経営のディーラーとは立場が違うと言うことを認識出来ないんだと思う。こういう人が出てくるとリーフ側だって黙っていない。同じくらい過激なことを言い出す人だって出てくる。中国とベトナムのようなもの。

本来ならお互い不可侵でいて、困った時だけ助けあえれば良いと考えます。今のところ明確な意思表示をしていない日産の急速充電器を我が物顔で使う人は中国と同じ。公共の急速充電器の利用マナーについては今後様々な論議が必要だと思う。こらもうEV同士であっても、です。

また、高速道路でPHEVが急速充電する気持ちだって理解出来る。先日も書いた通りガソリン代なら500円分掛かるところを東名道とかなら100円で済む。コーヒー一杯分浮くワケ。このあたりの気持ちも理解しないとアカンです。けっこう難しい問題なのだった。

私はといえば、最近急速充電器を巡る争いが鬱陶しくなったので、基本的には自宅でしか充電しなくなった。現行型のリーフなら充電しなくても往復できる場所が案外多い。いずれにしろEVもPHEVも台数の増加は民度の低さになっていく。明確なルール作りが必要だ。

5281

ついにリーフのゼロカー仕様が完成! 週末はグラベルの筆降ろしです。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ