COTY試乗会。間違いなくロードスターとS660のガチバトルかと(25日)

10時から富士スピードウェイでCOTYの10ベスト試乗会。集中工事中の東名か、中央道かと迷った末、7時の渋滞状況見て東名へ。5~6kmのノロノロ走行区間あったものの、アダプティブクルコン付きのV40だからしてほとんどストレス無し。渋滞、もはやアダプティブクルコン無しじゃダメなカラダになってしまった。うっかりミスによる追突事故の可能性も超低いし。

例年なら10ベストは全て試乗済みながら、今年に限って言えばジャガーXEとBMW2シリーズツアラーに試乗しておらず。輸入車の記事、書いてもあまり人気無いため、忙しいと試乗会を欠席しがち。COTYの試乗会がありがたいです。本日、この2車種を重点的に攻める。まずBMWから。ディーゼルを試すと、なっかなか良い。トルク太く軽快に走ってくれる。

ガソリンも滑らかで良い。ただBMWという雰囲気が薄め。日本車のような優等生なのだった。良いクルマ品評会なら高く評価したいが、そもそも同じクラスより高額な輸入車だからして濃い味が欲しい。と言った点からすれば、BMWファン以外にとって魅力的かと言えば「う~ん!」。Aクラスのように「一度ベンツに乗ってみたかった」という人はあまり居ないか?

ジャガーはなかなか好感持てました。少しインテリアに安っぽさを感じさせるけれど、フォード・モンデオの兄弟車だったムカシのXタイプよりずっとジャガーしている。500万円を切るスターティングプライスも魅力的だ。何より日本車に競合するモデル無し。ただイマイチ満腹にならぬ。まぁこのあたりは上級のXFを買わせたいということなんだと思う。商売上手だ。

ロードスターとS660という今年の本命候補は大いに悩む。ロードスターもS660も大いに魅力的ながら、前者の場合、現在販売してるクルマのハンドリングが自信を持って推奨出来ない状況。プロトタイプくらい仕上がっていれば文句ないですけど。NR-Aの試乗車あれば良かったのに。加えて本当に1,5リッターの方がいいのかどうか、2リッターにも乗ってみたい。

S660は軽自動車であることをどう考えるか、だ。今まで軽自動車がCOTYを獲得したこと一度もありません。あまりに日本的だ、ということなんだろう。ただアメリカCOTYやヨーロッパCOTYだって強い地域色ある。軽自動車だっていいと考えます。投票は26日なので、も少し悩む。ただ点数についちゃキッチリ差を付けたいと思う。10点と9点みたいなことはしない。

10ベストにスズキも残っているので試乗しに行くと「ワークスは転倒しないよう入念にチェックします」。良かったっす! 魅力的で安心して乗れるクルマが出てくると嬉しい。COTYには『スモールモビリティ』という部門賞もあるので、アルトに投じるつもり。特にラパンが気に入りました。『イノベーション賞』と『エモーショナル』の部門賞についちゃ明日まで迷います。

 

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ