課題山積ながら新型ラリー車はオモシロイ!(Web CTレポート)

開催が延期されていた、タイラリーの国王杯をかけた戦い、キングスカップが1月21日からスタート。日本からはモータージャーナリストの国沢光宏さんが、2ペダル+CVTのスバルWRX S4で参戦している。

真冬の日本とは真逆ともいえる、気温30℃オーバーのタイ。過去にも参戦経験のある国沢さんが挑むキングスカップは今回で29回目。今回持ち込んだWRX S4は、出走前のチェックで抱えていたトラブルを解消。パワーを取り戻してDay1に挑んでいる。

同じクラスのライバルには、タイ国内戦に参戦している三菱ランサーエボリューションのほか、中国ラリー選手権に出場しているマシンも。そのほかのクラスにはホンダ・シビック、スズキ・スイフトなど日本車が目立つのも特徴のひとつといえるだろう。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ