F1ホンダ救済のため規則変更?(16日)

F1のレギュレーションが小変更された。大雑把に言って二つ。1)新規参入のパワーユニットは年間使用可能ユニット数を4から5にする。2)ユニット交換ペナルティの最大を、当該レースのスタート最後尾にする、というもの。こらもう誰が見たってマクラーレンホンダの救済措置であります。

中でも「あらま!」なのが二つ目。これまでのレギュレーションだと、グリッド25番降格になると、最後尾の他、ドライブスルーペナルティまで受けた。もはや勝負出来るレベルでなく、完全に「単に走るだけ」のレースになってしまう。こら可哀想だし見てて面白くない、ということになったのだろう。

強すぎて嫌われることの反対。少しハンデ上げるから辞めるなんて言わないでね、ということなんだろう。ただでさえ今のF1のレギュレーションはエントラントだけでなく観客にも不評。ルノーもパワーユニットから撤退するウワサされている(レッドブルも撤退?)。F1存続の危機を迎えているのだった。

WRCは2017年からのレギュレーション変更を発表。トヨタも新しいレギュレーションのWRカーで出場することになる。こちらは1)派手なエアロキットが認可される。2)出力が300馬力程度から380馬力程度になる(リストリクターが34から36に)。3)車重25kg削減。4)車幅を55mm拡幅。

こちらは現在使われている車両をそのまま使ながら、エンジンパワーをアップして迫力を増すという狙い。380馬力は公道使うラリーだと限界に近い出力だと思う。派手な走りが見られるだろう。ただ1,6リッターで380馬力だと実用回転域のトルクやレスポンスで技術力差が出る。エンジンが重要だ。

本日、昼過ぎまで原稿書き。夕方から打ち合わせ&情報交換会。現在グアム島の東にある台風12号は、21日あたりに硫黄島の北側を通過した後、発達しながら日本の東海上に向かうようだ。どうやら来週中頃から梅雨前線が日本の南海上に停滞する模様。いよいよ冷夏の流れになってきました。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ