S660のルーフ早開け勝負(10日)

S660の最大にして唯一の弱点と言われているのがルーフの脱着時間。やはり時間掛かりますワな。この件、開発チームに言ったら「30秒で開けられます!」。ほぅ! やってもらいましょう、というのが下の動画でございます。一発勝負、ということでホントに1回撮り。計ってみたら31秒でしたね!

よく見ると、収納ケースのロックで噛んでいる。ここなければピッタリ30秒くらいだったかもしれません。ちなみに早開けしてるの、このルーフを開発した人なのだった(ルーフのロックを車内で両側開ければ早いものの、強風時などの安全性を考えこの手順でお願いしますとのこと)。

同じ手順で31秒を切ったら記念品をプレゼントしてくれるというので、是非ともユーチューブにアップして欲しい。ルーフ早開けを撮った後、高知空港に移動。全日本ラリー開幕戦の唐津へ移動すべく9時55分発の福岡行き。機体を見たら久しぶりのサーブ340だ。ターボプロップの小型機です。

4091

天候不良の中、こんな小型機で(36人乗り)1時間近く飛ぶというのだから修行だ。生産中止が1999年だからして、下を見て16年モノ。自慢の騒音防止装置も古くなっているためか、エンジン音で鼓膜揺れる。凄くウルサイっす。4000mくらいを飛ぶため、雨に日だとず~っと揺れる雲の中だし。

4093

福岡空港には15分早着。高速バスと時間合わずラリー開催地の唐津まで地下鉄とJR(快速の無い時間帯のため2回乗り継ぐ)。各駅停車で1時間40分。13時少し過ぎに到着し、永田タクシーを呼ぶ。今回永田は喜多見RX-8のチーム監督なのだった。出世したモンだ。

4095

それにしても地球温暖化のため寒い! 雨に加え、恐ろしくツベたい北東風がびゅーびゅー吹いてる。再び身体のシンから冷えました。せっかく治りかけていた風邪がぶりかえしそう。幸い、土日の天気は悪くないようだ。今回JN-1クラス5台。私らのチームでワンツーフィニッシュを狙いたい。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ