夢の島マリーナ

私がフネを置いている夢の島マリーナの紹介をしておきましょう。なぜここを選んだかと言えば、非常に簡単。都心から近く、フネを浮かばせた状態で泊めておけ、レストランやオーナーズルームといったマリーナとしての機能が充実しているからであります。

P1010631

首都高のレインボーブリッジを渡れば3分の距離

探せば東京都内にも繋留場所は多々あるけれど、いずれも簡易的な桟橋だったり、海に出るまで遠い川の上流だったり、陸揚げで保管するマリーナだったり。やはり浮かんでいる状態じゃないと、気軽にフネを出せない。

P1010629

バースの広さは日本トップクラス

バースも欧米のマリーナ並に余裕ある。YBM(横浜ベイサイドマリーナ)だと横幅ギリギリ。前後方向も短い。これだけ広ければ風のある日の着岸も楽だし、ゲストを呼んだ時だってユッタリ過ごしていただけますから。

P1010630

電気があると素晴らしく便利です

装備は充実しており、最も短い6m未満のフネを付けるバースにまで電気と水の供給ポストが付く。トイレも多数あり、私のバースからなら30秒の距離。繋留の条件として考えれば理想に近い。

1122

繋留保管は年に1度の船底掃除&塗装が必要。約15万円です

メインテナンスバースも併設されている。マリーナのフネなら上下架(フネをオカに上げ、作業終わったら浮かべる。これを上下架という)9千円+作業場利用料2800円。あまり安くないけれど、年に1度程度必要な船底塗装はここに頼むことも可能。

Imgp0345

ビジターバースにも電源と水道あり

ビジターバースは日帰りの他、宿泊も可能。料金はコチラで。日帰りの場合、1mあたり250円。8mのフネなら2千円。ちなみに駐車場もあり、1時間まで無料。以後、1回あたり500円。気軽に使える料金設定だと思う。

P1010632

センターハウスにはレストランとショップ(マリン用品の他、お酒や釣り具、アイスクリームなんかもある)、けっこう居心地の良いオーナーズルーム、シャワーなど揃う。大きな水槽にチョウザメとか泳いでる。

P1010633

ガチガチに管理されるベイサイドマリーナと対照的。個人的には気に入っている

受付にはしっかり挨拶の出来る「朗らかな女性&クールな女性」のコンビが居て、夢の島マリーナの顔になってます。ハーバーマスターは評価が分かれるものの、ある程度ガンコじゃないと勤まらない仕事かもしれない。

P1010584

魚は大原港直送。期待以上に美味しい!

レストランはランチが飲み物付きで1000円から。おすすめしたいのが夜のディナーコースで、2人に付きワインがボトル1本。前菜からスープ、魚、肉というフルコースで5千円。タクシーで帰る人は新木場駅までのタクシー代1000円が出る。

P1010634

当然ながらオーナーは駐車場無料

マリーナに一番近い駐車場のみ土日はオーナー専用。手前の駐車場から歩いてもタイした距離じゃない。1回500円なので、飲んだら停めて電車で帰ればよかろう。新木場からタクシーで約1000円。歩いても15分の距離だ。

Tyfoon

これは台風接近中の写真。外が運河なので引き波しか入ってこない

個人的に最も気に入っているのがロケーション。マリーナの外は砂町運河。荒れた日でも隅田川方面へ向かえば波無く、船酔いする人だって大丈夫。レインボーブリッジまで10分。運河クルーズも楽しい。

803

海は夕暮れがいいです

繋留料金は6m(19フィート)までなら手頃な39万600円。ただそこから1m毎にグングン高くなる。保証金不要で、フネの長さも艇体のみ(エンジンやバルピットなど艇体からはみ出しているブブンは切り捨て)。YBMよりおおらかです。

12251

イベントも楽しい。写真はクリスマス・イルミネーション

弱点は、北風が吹くと正面の産廃処理場からの悪臭が厳しいことと、地元議員が経営しているという燃料スタンドの価格。ガソリンはハイオクしかなく、免税軽油も近所のガソリスタンドの課税軽油より高い。持ち込み可なので不満は爆発にまで至っておらず。

12252

左から2人目がマリーナの支配人

フネを持っていない人でもレストランなど試してみて欲しい。デートや家族での少し豪華な食事なんかちょうどいいと思う。免許を取りたい人のための教習もやっていて、今なら2日間コースで7万円! いっちょフネの免許などいかがだろうか? (国沢光宏)


One Response to “夢の島マリーナ”

  1. すみ より:

    何時も楽しく拝見させていただいています。 勉強になることばかりで毎日UPされている情報にワクワクしています。 夢の島マリーナ楽しそうですので是非ヨメと行ってみようと思います。

このページの先頭へ