「試乗&解説リポート」の記事一覧

日産自動車大学校の安全点検イベント、ベストカーWeb塩川君のレポートです

東京都に属する離島の八丈島は、7000人ほどの人口を誇る島だ。かつては新婚旅行やリゾートとしての需要も多い島だったが、近年もその豊かな自然などを愛する人が多い島でもある。そんな八丈島は公共交通機関が充実しているわけではな・・・

整備士不足が深刻化。直近では点検の予約も取りにくくなってきた。良いアイデアありませんか?

全国規模で深刻な整備士不足が起き始めているという。クルマに乗っていると壊れるパーツが出てくるし、点検もしなければならない。昨今のクルマは複雑なので、相当のクルマ通でも自分じゃ簡単なチェックくらいしか出来ないと思う。なのに・・・

久しぶりにスバルで雪道走ったら、やっぱり楽しかった~!

先日、東京都市部で久しぶりの積雪(8cm)となったら、53時間も首都高閉鎖! この程度の雪で物流も含めた交通全般がマヒするようだと、雪国なんてどうなっちゃっているんだろうと思う。そんなタイミングでスバルは「青森豪雪試乗会・・・

GRヤリスのEVO2、8速ATが目からウロコの仕上がり! これでラリーに出たくなってきちゃいました!

--2020年9月の発売以来、数多くのモータースポーツで鍛え上げられたトヨタ GRヤリスが大幅改良を実施。エクステリアこそ小変更だが、中身はEVOモデルと呼びたいほどの大きな進化を遂げた。発売は2024年春予定。オーダー・・・

パリでSUVの駐車料金を普通のクルマの3倍の1時間2900円に値上げ! 欧州でSUVバッシング始まる!

いやいや驚きました! フランスのパリ市はSUVの駐車料金を3倍にするかどうかの住民投票を行った結果、2024年9月から中心部の駐車料金を1時間あたり6ユーロ(約960円)から18ユーロにすると決定した!18ユーロといえば・・・

トヨタが2026年に発売予定の次世代電気自動車用ギガキャスト、開発は順調のようだ

トヨタが2023年に発表した新たな生産技術「ギガキャスト」。一体成型によってクルマの部品を大幅に減らす技術だが、2026年投入の次世代EVで採用される。米テスラがすでに採用しているが、トヨタEV戦略の今後について分析した・・・

豊田自動織機の不正問題、根っこはダイハツや日野自動車と全く違うんじゃなかろうか

ダイハツ工業と日野自動車は、生い立ちを含め、もともとトヨタ自動車と縁もゆかりもない企業だった。極端に言えば名刺交換から始まった提携である。一方、豊田章男会長のひいおじいさんである豊田佐吉氏が1926年に創業した豊田自動織・・・

警察、あおり運転をホンキで減らそうとは考えていない? ゴールド免許所持者以外は基本的に犯罪者です

ここにきて車間距離を詰めてくる人の数こそ減ったものの、悪質なあおり運転はなくならない。YouTubeを見ていると高速道路で後続車を止めさせるような輩が相変わらず多い。なぜか? 警察にまったくやる気ないからである。むしろ「・・・

日本で電気自動車が売れない三つの理由

改めて書くまでもなく我が国は電気自動車の売れゆきが伸び悩んでしまっている。2023年の販売台数8万8535台で、電気自動車比率わずか1.7%。しかもSAKURAとeKクロスEVが半分といったイメージ。登録車にかぎっていえ・・・

トヨタのWRCドライバー育成プログラムを受験したらヒルボネンさんに成仏させられました。チ~ン

やはりWRCを盛り上げるには日本人ドライバーが必要だと思う。実際、ラリージャパンにおける勝田選手の人気たるや驚くほど!そんな勝田選手はWRCで活躍する若手日本人ドライバーの発掘&育成を目的とした『TGR WRCチャレンジ・・・

このページの先頭へ