「試乗&解説リポート」の記事一覧

半導体不足本格化。多くの自動車メーカーが減産を強いられることになります

自動車産業は1ヶ月以内にも半導体不足による大幅な減産をしなければならなくなるだろう。半導体の消費量に対し完全なる供給量不足に追い込まれているのだ。対象はエンジンを制御するためのECUに始まり、自動ブレーキの制御や、ナビゲ・・・

二酸化炭素対策、今や日本は周回遅れになりつつある。環境大臣どうした?

世界規模で考えると今や電気自動車の導入は避けられない流れになってきた。いまだに「電気自動車は面白くない」に始まり「高い」とか「電気をどうやって作るんだ?」という忌避論や「欧米の戦略だ。日本はハイブリッドで行けばいい」みた・・・

インホイールモーター、その後どうなった?

インホイールモーターという技術はご存じだと思う。ホイールにモーターを組み込んだ駆動システムだ。すでに電動アシスト自転車や電気バイクなど、基本的にインホイールモーター(ハブモーターとも呼ばれる)を採用している。デフもドライ・・・

伸び悩むリーフ、未だ競争力をキープ出来ているだろうか?

長い間、国産の電気自動車といえばリーフと生産終了になるi-MiEVだけだった。けれどここにきてホンダeとMX-30EV、限定ながらレクサスUX300eが登場。ヨーロッパのように50車種を超える電気自動車を選べる状況とほど・・・

燃料電池ユニットをポン置き出来たら全て解決だ~

困ったことに2050年のカーボンフリーが努力目標じゃなく「必達目標」という ことは、あまり認識されていないようだ。具体的に説明すると、少なくともヨーロッパの場合、二酸化炭素を排出する工場で生産した製品は販売できなくなる。・・・

テスラ・モデル3大幅値下げ。この記事、テスラファンは読まないでください

ここ数年、欧州の自動車メーカーを中心に、もの凄い勢いでピュアEV(電気自動車)のニューモデルラッシュが巻き起こっている。また、2025年にジャガー、2030年にはボルボが専門ブランドになることを発表するなど、世の中のEV・・・

次期型86アンベール! 全ての性能が20%以上進化しているらしい!

次期型スバル「BRZ」はアメリカで先行発表されたものの、共同開発のトヨタ「86」についての情報無し。先代モデルと同じ東京オートサロンでアンベールされるというウワサも流れたけれど、新型コロナによる開催中止のため発表の舞台が・・・

このままじゃ自動車工場が日本から次々と出て行くようになるかもしれない

自動車工業会の豊田会長が記者会見で「自動車業界550万人のうちの70万から100万の雇用に影響が出てくる」と訴えた。カーボンニュートラルを正しく理解しないと2030年から始まると言われるLCA規制への対応が十分できず、輸・・・

箱根駅伝でコッソリとデビューした燃料電池グランエースに試乗してみました~

トヨタから「箱根駅伝で走らせたグランエースの燃料電池車に試乗出来るようになりました。いかがですか?」と連絡が来た。グランエースのFCVとは、どんなクルマなのか。少し状況を紹介しておくと、2021年1月の箱根駅伝をTVで見・・・

ハイブリッド車、いつまで買える? いつまで乗れる?

先進国を中心にいっそう加速してきている「電動化」。その定義には、エンジンを使うハイブリッド車も含まれるが、多くの国々は最終的にカーボンフリー=脱炭素を目指し、ハイブリッドを含めたエンジンを搭載車の販売を禁止する方針を掲げ・・・

このページの先頭へ