「試乗&解説リポート」の記事一覧

輸入車好きの皆さんに向けて書いた「今買うならこの20車」の20位はSAKURAです

大激変期のいま、僕たちクルマ好きの欲望を一番刺激するクルマはいったい何か? 雑誌『エンジン』の名物企画、「エンジン・ホット100ニュー・カー・ランキングス」の42名の選考委員それぞれが、2022年の今だからこそ買いたいと・・・

「電気自動車の増加で電力不足になり停電する」はホントか? 当面、自宅充電がメインですよ

電気自動車の増加により電力不足となり停電する、とホンキで主張する人が少なからずいる。興味深いことに今や我が国の電気自動車は幕末のような状況になってきた。電気自動車大嫌いな人たちの主張を見ていると、まっこと尊皇攘夷です。エ・・・

日産、久し振りの好調! 出すクルマ全てヒット!

最近出てくる日産車が空振りなしのクリーンヒットを続けている! TOPバッターとなったノートはオーラを含め絶好調! トヨタの部品不足による工場休業頻発というオウンゴールもあり、6月と7月なんか登録台数3位となった! 今年の・・・

ヤマハ、スクリューのダクトがモーターになっている高効率電動推進器を提案。こら面白い!

驚いた! ヤマハ発動機と言えば2輪車をメインとする企業だと思っていたけれど、2021年の決算を見たら2輪部門(濃い青)とマリン部門(薄いブルー)の営業利益はイーブン! 2022年の上期なんか最大の稼ぎ手になっている。しか・・・

撤退覚悟でクロスーオーバーを選んだクラウンながら、むしろ市場拡大の流れになってきた?

クラウンといえば、伝統的にほぼ日本専用モデルとして展開されてきました。実は昭和の時代に何度か北米をはじめとする海外展開もおこないましたが、全て惨敗でした。考えてみれば、クラウンのゴージャスなデザインはもともとアメリカ車を・・・

横断歩道の自転車、歩行者と同じくクルマやバイクは止まらないとダメか?

ここにきて「横断歩道の自転車にはどう対処したらいいのか?」ということをよく聞かれる。なかには「歩行者と同じで自転車に優先権がある」などと、拡大解釈したがる警察のお先棒を担ごうとする報道もあります。少し前に問題となった「歩・・・

日野自動車のトラック、小型は10月から。中型も11月から出荷可能になるという

日野自動車の不正問題、発覚当時は立腹した人も多かっただろうけれど、おそらく今や皆さん、「どうでもいい」になりつつあると思う。そもそもトラックって普通の人だと興味の対象じゃないですから。とはいえ日野自動車のイメージはよくな・・・

アオられるきっかけの3分の1はヘッタクソ&自分勝手な車線変更にある。美しい車線変更とは?

目の前のクルマが車線変更してきて目の前に入られたり、駐車場や路地から「それはないだろ!」というタイミングで出てこられ、イラッとすることは多いと思う。当然である。厳しい修行を積んでいる私は平気ですが(笑)。一般的に「アオら・・・

スカイアクティブX、販売打ち切りのウワサ

これが本当なら衝撃の事実としか言いようがない。マツダの販売店情報筋によると、マツダ3とCX-30に設定している同社肝いりのユニット、SKYACTIV-X搭載車の販売頭打ち傾向が顕著になり、今後の存在基盤が揺らぎそうな趨勢・・・

CX-60、乗り心地さえ改良の気配あれば圧倒的に”買い”だと思う

6月24日に受注を開始したマツダのCX-60は、月間販売目標2000台に対し「2ヶ月半経過の9月上旬時点で8726台受注」したという。同じクラスの新型エクストレイルが1ヶ月少々で2万台のオーダーと聞くと、鳴り物入りでの登・・・

このページの先頭へ