「最新情報」の記事一覧

ヨーロッパ、新しい安全試験プログラムを開始。1号車はヤリスです! 「あらま!」の項目も!

ヨーロッパの安全評価である『ユーロNキャップ』が2020年から新しいプログラムにバージョンアップされた。栄えある(?)試験1号車に選ばれたのは我らが新型ヤリスだったりする。驚くべきは下にリンクした側面衝突。今までドライバ・・・

アイドルストップ付き車に普通のバッテリーは使えないのか? 

クルマの部品としてはめちゃくちゃ長い歴史を持つ始動用バッテリーながら、都市伝説やバッテリーを売らんがための怪しい情報まであって、本当のことは”ほぼ”解らない。例えば寿命1つ取っても、バッテリーメーカーのサイトを見たらアイ・・・

Gazoo、自動車メディアにケンカ売ってるという。だからGRヤリスの人気は盛り上がらない?

何回か書いてきた通りGRヤリスは日本の自動車史の中でも珍しく走りに特化して開発された力作である! モリゾウさんにとってゼロから作り上げたクルマとあり、可愛さ一入のようだ。ところが販売&人気共にイマイチ盛り上がらない。16・・・

アイドルストップ用のバッテリー、1万km/1年半でオシャカ。ディーラーで交換を推奨されたそうな

アイドリングストップのバッテリーはヘタりが早いと言われる。本日取材したクルマ、新車で買って1年半&走行1万kmなのにアイドリングストップしなくなってしまったそうな。普通にエンジン始動させることは出来ても、バッテリー起因の・・・

新政権は環境自動車や自動運転に対しどういった方向性を打ち出してくるだろうか?

自動車産業に於けるアベシの政策は電気自動車やPHVに対し世界水準よりヤル気無し。燃料電池と自動運転についちゃ積極的でした。新政権になってどうなる? ちなみに上限40万円となる電気自動車や同じく20万円のPHV補助金、日本・・・

ホンダ、気軽にクルマやバイクを試せるプランを拡充! 東京でCT125を8時間借りて5千円です!

今年2月から始まったホンダの中古車サブスク(1ヶ月~11ヶ月までのレンタカー)、出足から絶好調だったものの残念ながら埼玉県限定だった。しかし! ニーズ多く、一方、トラブルはほとんどなし。収益的に美味しいということで、9月・・・

中学生の頃から読者だった田宮君にリーフe+を乗せてみた。果たして?

◆レース参戦までの経緯 私は昨年より幾度か国沢さんのリーフe+でのEVレース参戦をお手伝いしており、先月の筑波戦で「次の袖ヶ浦、乗ってみる?」とありがたすぎる提案をいただきました。メディア関係者でもプロレーサーでもない私・・・

現代自動車の燃料電池自動車「ネクソ」。すでに日本仕様のカタログまで作っており発売秒読み?

現代自動車の燃料電池自動車『NEXO』は「ネクソ」と表記されてきたものの、いかんともゴロが悪い。そこで現代自動車はどうやら「ネッソ」と呼んで欲しいようだ。このクルマ、実は昨年の東京モーターショーに出展すべく準備をすすめて・・・

N-ONEをフルモデルチェンジだと思うのは自由です。念為

「贔屓の引き倒し」という諺がある。一般的には「好きなものを褒めすぎ、かえってその人を不利にすること」とされます。N-ONEがフルモデルチェンジか否か? フルモデルチェンジの目的を考えてみたらいい。こらもう説明するまでも無・・・

豊田章男さん、最近のメディアに苦言を呈す

先日行われた株主総会で豊田章男さんが株主の質問に対して答えた内容がメディアの間で話題になっている。詳細を紹介すると長くなるので、以下概要を(全文読みたければコチラから)。 --------------------- ロバ・・・

このページの先頭へ