シビックを日本で売ると言うが、失敗確実です

直近の日本市場を見るとトヨタの一人勝ち状況と言って良い。マツダが頑張ってくれるかと思いや「自信満々作戦」の失敗によって伸び悩んでしまっている。日本人は調子に乗った状況を見てるのを伝統的に好まない。本来なら個性のある車種や技術でクルマ好きにアピールしなくちゃならない三菱自動車も、不祥事による謹慎を続けるらしく全く存在感無い。

となると頑張って欲しいのが日産とホンダとスバルである。日産についちゃ、どうやら面白い動きになりつつあるようだ。ゴーンさん、日本の販売シェアに御不満らしい。ゴーンさんからすれば、そろそろ日産の総仕上げをしなくちゃならんと考えているようだ。改めて世界的な状況を見ると、日本市場だけ一人負け。というか、徹底的な負け試合です。

「勝ち」にコダわるゴーンさんとしちゃ納得いかないのだろう。「この状況を何とかしろ!」と檄を飛ばしたらしい。実際、社内人事も大きく変わった。まず縮小均衡策しか行わなかった日本の販売責任者を、星野さんというやり手と評判の女性に交代。リーフを見ても、カッコ悪いと言われたら意固地になってデザイン変えず販売を伸ばせなかった担当を交代。

このところ日産関係者に会うと「あれれ?」という変化を感じる。プロパイロットの発表に合わせ、次期型セレナをスッピンで見せるなどネタ枯れで苦しむメディアからすれば大喜びしそうな情報を提供。おそらく年内、毎月の如くいろんな情報を出してくると思う。どこまで本格的に暴れるのか不明ながら、ルノーのディーゼルを日本に持ち込むようになればホンモノです。

スバルは秋にインプレッサをフルモデルチェンジする。新しい世代のフロアを採用するということで、久々に気合いが入ってるようだ。スバルの場合、販売台数は悪くない。ただ「伸ばしたい」のか「自動ブレーキの普及が進み、今のままだと押されてしまう」と思っているか不明ながら、元気を出さないと厳しいという気持ちを持っているようで、攻めの姿勢を打ち出すと聞いている。

全く読めないのがホンダです。新型NSXをイメージリーダーにすべく大事に扱うかと思いきや、最初からメディアと冷戦状態になってしまう。どうやら日本じゃ何の役にも立たないだろう、と考えているようだ。昨年と比べ圧倒的な速さを見せたパイクスピークも国内は無視。先日書いた通り頑張ってるF1も無視。頑張っている話を全く国内に伝えようとしない。

それでいてアメリカで販売しているシビックを日本で売ると言ってる。今から書いておくけれど、アメリカのシビック、ジェイド&グレイスと全く同じで日本に於けるホンダのユーザー層からすれば魅力を感じない車種なのだった。スポーツモデルを除き、どんなエンジン積んだって受け入れられない。という状況に早く気づいて軌道修正したらいい。

ホンダが元気で楽しくないと、クルマ好きとしちゃ寂しいです。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ