東京モーターショーのテーマに「100万円のクルマ勝負」などいかがか?

Yahooニュースで東京モーターショーの寂しさについて書いた。後半にリンクしておきますので読んでない方はぜひ。さらに追加で少々。まずアメリカ勢。トランプ大統領から「日本でアメリカ車を売って欲しい」と言われているのだから、尻尾巻いて逃げ出したフォードはとにかくGMとクライスラーに出て欲しい。

GMもクライスラーも日本で販売していない車種など持ち込めば手応えだって解る。さらに派手な展示でアメリカの楽しさをアピールすることだって出来るだろう。こう書くと「予算的に厳しい」みたいなことになる? 確かに最も小さいブースで、賃料や電気代、運営費用を含め1億円掛かるそうな。

とはいえアメリカ車を日本で売るというのは、もはや国策。トランプさんに怒られたら1億円なんてダメージじゃ済まないです。そもそも日本は経常黒字国。何らかの補助を付けたっていいんじゃなかろうか。少なくとも加計学園や森友学園に国費を投じるよりずっと役に立つお金の使い方だと考える。

また、東京モーターショーの運営も全く「やる気」を感じない。例えば「100万円で販売出来る若い人達向けのクルマ」という各社共通テーマなど設定し、コンセプトカーを作って貰うなどいかがか? 若手の技術者にとってアイデアを出す良いチャンスだと思う。ユーザー側の関心だって高いハズ。

とにかく主催団体である自動車工業界にアイデア無し。主催者側から漏れ伝え聞く話に寄れば「色気や改造が制限されているため盛り上がれない」なんてホンキで言ってる人達もいるという。逃げ口上はもう少し真剣にテーマや内容を練ってからにして欲しい。今回はもう間に合わないですね。

---------------------

東京モーターショーの出展メーカーが発表された。リストを見て業界関係者は「それほど深刻な状況なのか!」と驚きを隠さない。ここ数回、東京モーターショーは海外メーカーの出展取りやめが相次ぎ、今や国際ショーと言うには恥ずかしいほど。なにしろ世界有数の自動車生産国であるアメリカや、伝統あるイギリス、イタリア勢の姿も無いほど。

そればかりか、数少ない出展社リストの水増しまで行っている。例えば『メルセデスベンツ』は、本体の他『メルセデスAMG』、さらに『メルセデス・マイバッハ』、メルセデスベンツのブランドである『スマート』、そして『スマート・ブラバス』というブランド名まで並ぶ。ちなみにAMGなど『スバル』に対する『STI』のようなもの。<続きを読む>

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ