スキーツアーのバス事故の件、詳細は全く分かっていないものの、現時点で考えられる事故原因を

事故は、群馬県側からずっと登り坂となっていた碓井バイパス(国道18号線)の入山峠から軽井沢に下り始めて2つ目の左カーブで発生した。 状況は走行してた左車線から対向車線へはみ出してガードレールに衝突。そのまま乗り越し路外で横倒しになり屋根から木々に衝突して停止している。車体の損 傷度合いからすれば、車速は下を見て80km/h程度。100km/hに達していた可能性もある。

もちろんこの道路状況だと通常では出さない速度だし、居眠りも考えにくい。事故現場までの道路は曲がりくねっており(特に1kmくらい手前ま ではつづら折れ)、緊張を強いられていたことだろう。もう一つ。ガードレールに接触するまでタイヤ痕らしき黒い線が確認出来る。何の操作もしなければこう いった痕は残らない。したがってドライバーは何らかの操作をしていたと考えていい。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ