ホンダ、失敗確実のUSシビックをなぜ日本で売る?

自動車業界の誰に聞いても「失敗すると思います」と答えるアメリカ市場向けに開発したシビックを、なぜ日本で販売するのだろうか? 興味深いことに売れないと解っている車種を販売するのは始めてではない。昨年販売された『ジェイド』や、一昨年の『グレイス』もホンダ社員の大半が「日本で売れるワケない」と考えていたという。

8111t

私もジェイドとグレイス共にデザインとスペック、価格を見た途端「売れない」と思い、厳しい紹介記事を書いた。ちなみにジェイドは中国市場向けに開発した車種である。3列シートをアピールするものの、3列目のシートに座ると足はヒザを抱える感じになり、頭が天井にぶつかってしまうくらい狭い。それでいて高価。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ