次期型セレナに採用されるプロパイロット、10km/h以下はハンドル操作不要とな!

先ほどまでアップされていたセレナ/プロイパイロットの記事は間違いでした。事情は明日の日記で。

日産は今夏に発売予定の次期型セレナから採用される『プロパイロット』と呼ばれる半自動運転システムを発表した。このシステム、 今年の1月8日に出した日産のプレスリリースによれば「2016年は、まず、高速道路上の単一レーンで安全な自動運転を可能にする技術を投入します」。

7132t

単一レーンでのアクセルとブレーキ制御だけならとっくに実用化されているため、次期型セレナはハンドルの制御まで行うと理解していた次第。「自動運転」ですから。期待して、先に行われたプロパイロット技術説明会場で話を聞くと少しガッカリ。ハンドルから手を離した状態での運転は限定されるという。ところが詳細を聞き「素晴らしい!」に変わりました。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ