自動ブレーキの決定的な性能差を再確認しておきたい

来年1月から任意保険の自動ブレーキ割引が始まる模様。その際、話題になりそうなのは「良い自動ブレーキと良くない自動ブレーキ」の割引率の差になると思う。あまり話題に上がらないものの、自動ブレーキの性能差、驚くほど大きい。JNCAP(自動車アセスメント)で行っている簡単な比較試験でも無視出来ないデータが出ているのだった。

いくつかの試験を行っているけれど、基準になるのは「停止している車両を検知して急ブレーキで止まれる性能」である。この試験、検知/判断/制動という自動ブレーキの基本性能が出てしまう。性能が低いシステムだと高い速度域から停止することが出来ない。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ