「ラリー修行」の記事一覧

キングスカップ顛末記その1

今回のキングスカップ、獲得できるなんて100%思っていなかった。そもそもライバル3台はスペックからして格上。CRCカー(中国選手権)なんか1300kgのボディに380馬力2200ccですから。タイ選手権のウィッタヤ選手も・・・

タナボタながら最後のプミポン国王の賜杯をいただく

第29回タイラリー・キングスカップが終了。木に激突するというアクシデントがありながらも、見事完走。ライバルの脱落もあり、見事同大会を制覇した。国沢光宏さんにとって、2度目の総合優勝となる。暫定1位でスタートした2日目。と・・・

キングスカップCT編集部原田君レポート。上位陣軒並みトラブル!

タイラリー・キングスカップに参戦中の国沢光宏さん。中国ラリーに参戦する強敵のランエボなど、ライバル陣の脱落もあって1位に浮上。そのままのポジションを守って、最終日の朝を迎えた。 Day1はブレーキに若干の不安を抱えつつも・・・

課題山積ながら新型ラリー車はオモシロイ!(Web CTレポート)

開催が延期されていた、タイラリーの国王杯をかけた戦い、キングスカップが1月21日からスタート。日本からはモータージャーナリストの国沢光宏さんが、2ペダル+CVTのスバルWRX S4で参戦している。 真冬の日本とは真逆とも・・・

問題点続出ながら、一つずつクリアしていきます(20日)

本日は車検とシェイクダウン走行の日。車検の前にブレーキ関係のトラブルシューティングをする。今やダイアグノシスが無いと問題解決は難しい。症状についちゃ解るものの、原因に辿り着けない。とりあえず「負圧が足りないのではないか?・・・

残念ながら日本の技術は世界に対し大きく遅れてます(30日)

我が国の新世代輸送機『C-2』の初号機が自衛隊に納入された。今まで使われてきた『C-1』という輸送機、驚くほどショッパいスペックしかない。荷物を満載の8トン積むと、1000km+αの航続距離しか確保出来ないのだ。東京(自・・・

横っ腹をドン! 終わってみたらタナボタの2位でした(26日その2)

そういえばCVTの油温はどうだったか? 全長11kmのSS1は警告ランプ付かず、最後まで走り切れた。やはりサーキットより全開率が低いため、少し条件としちゃ良いらしい。加えてラジエターウォータースプレイの如く、水をオイルク・・・

WRX S4の初陣は最初から超厳しい修行が始まってしまう。困った!(26日)

いよいよラリー本番だ! なんだけれど、どうにもお嬢のコンディションがイマイチでございます。ラリー車に乗ってないときは元気いっぱいながら、バケットシートに座った途端、アドレナリンの反対の物質がどんどん出てしまうようなのだっ・・・

カンチャナブリのコースは一発終了の難敵です(25日)

朝からレッキ‥‥なんだけど、トンでもないコースです! ”ほぼ”曲がってないのだ。いや、曲がってないのならいいのだけれど、全開で調子に乗って走ろうものなら、突如曲がってる! 例えば直線300mで右の全開コーナー。続いて直線・・・

JAF年間表彰式から呼び出しを受ける。なんだ?(27日)

昼過ぎまで浦賀のヴェラシスマリーナでボート・オブ・ザ・イヤーの試乗会。ところが西北西からの超爆風のため出港停止でございます。海を見ると荒れまくってる。こんな日に22~24フィートのフネで出たら、どうなるかワカラン。いや、・・・

このページの先頭へ