フォード祭り、始まる兆候(31日)

8時からジャガーXFの試乗へ。ナビに入ってる推奨コース選んだらパールロード経由。サミット直前ということもあり、警察車両多数&緊急工事の連続! とうてい試乗どころぢゃありません。志摩から鳥羽まで一時間以上掛かってしまう。ホウホウの体で鳥羽から有料道路入って名古屋へ。サミット終わるまで志摩方面には行かないことをすすめます。

名古屋から乗った新幹線はほぼ満席! 考えてみたら年度末であり、4月からのスタートでもある。移動するヒト多いワな。なぜか海外旅行用のトランク持っている日本人多く、加えて昨今は海外からの観光客が急増してきた。そんなこんなで新幹線の中は大混雑。5分の1くらいの乗客がトランク持っていたら、収納出来る場所がないですから。

日本撤退を決めたフォードながら、当然の如く在庫車を抱えている。叩き売りが始まるかと思いきや、けっこう強気のまんま。そんな価格で売れるワケないでしょ、と注目してたら、ここにきて「来ましたね!」的なネダンを付け始めている。つい先日まで230万円以上してしてたフォーカスが、198万円まで落ちてきた。ただそれでも高いと思う。

なんたって兄弟車のボルボV40と比べたら安全性で圧倒的に違うのだ。だったらV40の中古車を買った方が200万倍良い。加えてフォーカスの数年後のリセールバリュー、撤退したことも上乗せされ徹底的に厳しい。まぁ170万円くらいになったら「フォード好きにすすめておきます」。同じくフィエスタ140万円エコスポーツ150万円か。

このくらいの価格になってくると国産車と比べたって割安感出てくる。フィエスタもエコスポーツも、サイド&カーテンエアバッグなど標準装備。装備内容も国産車なら上級グレード並だ。乗りつぶすつもりならリセールバリューだって気にならないだろう。マスタングやエクスプローラーは依然として強気。も少し待つと辛抱タマラズお祭りになると思う。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ