全日本EV選手権第2戦レポート(レポート/青山義明)

開幕戦で、国沢光宏選手がテスラModel Sで初総合優勝を決めた全日本電気自動車レースシリーズ(JEVRAシリーズ)。2017年4月30日に、早くもシーズン第2戦が行われた。

第2戦の舞台は、開幕戦と同じ筑波サーキット。開幕戦の50kmレースから55kmレースへとレース距離が若干長くなっている。この日はゴールデンウィーク前半の日曜日の開催ということで、例年気候的には非常に過ごしやすい時期だが、朝から雲一つない好天にも恵まれ、少し汗ばむほどの一日となった。

お昼直前の午前11時50分から10分間で行なわれた予選では、真っ先のコースインした、トヨタ86をコンバートした86EVで参戦の金沢秀好選手(#39 ウェルマー☆ビルズ☆FT86EV/EV-Cクラス)がストップ。コースを一周もせずに予選セッションを終えてしまう。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ